学生ローン 総量規制

総量規制は学生ローンにも関係している?

総量規制が関係するサービスには学生ローンも含まれています。消費者金融の一種であり、貸金業法に従って営業を行っていることがその理由となるのですが、年収の3分の1までしか借入れできないことを意味しているんです。

 

それと比較すると、総量規制が対象外となっている銀行カードローンならば収入による借入れの制限がないため、学生ローンよりも多くのお金を借りれる可能性はあります。ただし、低金利である代わりに安定収入についての基準が厳しくなっているため、学生が審査に通るのは難しい状況となっているんです。

 

総量規制という法律はお金を借りる時に必要なもの?

少しでも多くのお金を借りたい時には、年収の3分の1までしかお金を借りれない「総量規制」という法律が本当に必要なものかと疑問に感じるかも知れません。この法律さえなければ必要なお金を全額借りることができるかも知れないからです。

 

2010年6月に完全施行された貸金業法に新たに追加された法律の1つが総量規制であり、その背景には返済能力に見合わない借入れをする人が増えたため、多重債務者が多く生まれたということがあるのです。

 

そのことが理由となり年収による借入総額の制限が加えられることになった訳ですが、このことにより安定収入のない人は原則、借入れができなくなりました。

 

総量規制が導入されてからは貸金業者も借金の踏み倒しをされることが以前よりも減ったと言えますが、利用者側の方でも多重債務者となる人が少なくなったと推測できるため、やはり総量規制は借り過ぎを防ぐために必要なものと言えるでしょう。

 

ですが、学生ローンに利用申し込みをする場合に申告する年収の金額に嘘があるのでは、この法律をあまり意味を成さないものとなってしまいます。総量規制は利用者の保護を目的とする法律でもあるため、本当の年収額を伝えることが健全なキャッシングに繋がると言えますね。

 

お金を借りるなら総量規制の対象外である銀行の方が便利?

銀行は銀行業法に従い営業をしているため貸金業法とは無関係、つまり総量規制は対象外と言えます。多くのお金を借りたい場合には、年収に対する借入制限のない銀行カードローンの方が便利に感じることでしょう。

 

また銀行だけでなく、信用金庫やJAバンクなども同様に規制の対象から外れています。ですが、このような金融機関は低金利でお金を貸しているため、借金の貸し倒れ・踏み倒しがあると大きな損害となってしまうのです。

 

そのため銀行の審査は貸金業者より以下のような点で厳しくなっています。

  • 学生であっても、ある程度の年収が必要
  • アルバイトの勤続年数もチェックされる
  • 他社借入れがあると審査に落ちやすくなる
  • 学生であるということを理由に審査に落ちる場合もある

そのため、融資をする人の返済能力については厳しくチェックされますし、学生の場合はお金を稼ぐのが本業ではないため返済能力が低いと判断されることも多いでしょう。また、学生であるという理由だけでも審査に通らない場合もあります。

 

どうしてもお金を借りたいならば、審査が厳しい銀行などのサービスの利用は避け、学生ローンなどの貸金業者を利用する方がキャッシングできる可能性が高くなるため、おすすめです。

 

 

 

関連ページ

こんな利用目的でも借入れできる?
学生ローンを利用した履歴は信用情報に登録されるの?
学生ローンで申し込み・借入れ・返済をした場合、全てが信用情報機関に登録されることになります。そのため、返済期日に遅れるとその情報も登録されてしまうので注意が必要です。
返済シミュレーションの利用は学生ローンの利用に必要?
学生ローンを利用する時には、まず初めに返済シミュレーションを利用して返済計画を立てることが必要であり、是非おすすめしたいことでもあります。余計な利息を支払わないためにも必要なことと言えるからです。
安心安全に利用できる学生ローンにも問題点や危険性もあるの?
学生を専門としてお金を貸している学生ローンですから、安心安全に利用できる金融業者と言えます。ただし、利用のやり方によって時には問題点が発生したり危険性を感じる場面があるのも事実です。