学生ローン 履歴

学生ローンを利用した履歴は信用情報機関に登録されるの?

学生ローンで申し込み・借入れ・返済をした場合、全てが信用情報機関に登録されることになります。返済期日に遅れるとその情報も登録されてしまうので注意が必要です。(参考:はじめてのキャッシング「個人信用情報機関に記録が残る期間」

 

例えば学生ローンを利用すると、就職の内定に影響するのではないかと心配になる学生もいると思います。キャッシングの利用が就職に影響することは全くないので安心してください。学生ローンを利用したという履歴は信用情報機関に登録されることになりますが、信用情報はきちんと管理されているため心配は無用ですよ。

 

信用情報機関への利用履歴の報告は義務

学生ローンを利用すると全ての取引きが信用情報機関に報告され、その情報は一定期間だけ継続して登録されることになります。このような情報はお金を借りたり返済したりする時のみに登録されると思っている学生さんもいることでしょう。

 

実際には、学生ローンなどを初め金融機関に借入申込をしただけでも利用の履歴として登録されることになっています。他の金融機関で審査を受ける際には登録されている全ての履歴が一度に照会されることになるのです。

 

信用情報機関に登録されるのは学生ローンの利用だけでなく次のような場合でも同様となります。

 

信用情報機関に登録される学生ローンなど貸金業者以外の利用履歴

 

学生ローンや銀行、消費者金融からのキャッシングに関する取引き以外にも、信用情報機関に登録される利用履歴はあります。クレジットカードのキャッシング枠、携帯電話本体の割賦販売、テレビショッピングの分割払いなどは、借金している意識が比較的薄い取引きと言えるでしょう。これらの取引きは全て信用情報機関に報告する義務があるため、知らない内に信用情報機関に登録されることになるのです。

 

本人が気付かない内にブラックになっていることも?

学生ローンなど金融機関からのキャッシングはもちろんですが、スマホ本体の割賦販売などの取引きは全てが信用情報機関へ報告することが義務になっています。

 

取引きの報告は金融業者が行うため、利用者の知らない内に利用履歴が信用情報機関に登録されています。返済の延滞があれば本人が気付かない内にブラックになっていることもあるのです。カードローンやキャッシングの利用でなくても信用情報にキズがつくことになるため注意しましょう。

 

信用情報は厳格に管理されているので安心!

カードローンやキャッシング利用だけでなく、クレジットカードのキャッシング枠の利用、スマートフォン本体を初めとする分割払いによる購入など、信用情報機関に登録されている情報は厳格に管理されています。本人の同意なく他人の信用情報を照会することはできなことになっているのです。

 

就職の内定先でもキャッシングの履歴を知ることはできませんし、親や学校・アルバイト先にも同様にバレることはありません。本人であれば信用情報の開示請求ができるようになっていますが、本人確認書類の提出など必要書類の用意をすることになるため、他人が勝手に信用情報を見ることもできないようなシステムとなっているので安心です。

 

信用情報のキズには注意が必要、場合によっては周囲にバレることも!

厳格に管理されている信用情報も、金融業者からの信用を失うようなことをすると場合によっては周囲にバレる可能性もあるんです。

 

信用情報が周囲に知られる場合とは

  • 返済の長期滞納により督促の電話や郵便物がくる
  • 債務整理をすることで一定期間は審査に通らなくなる
  • 申し込みブラックになることで、一定期間は審査に通らない場合もある

 

長期の返済の滞納があるにも関わらず本人との連絡が取れない場合には、学生ローン業者が督促や親元への連絡をすることもあるようです。親に学生ローン業者から連絡が入れば、借金が親バレするのを免れることは難しくなります。

 

完全に返済が滞ると最終的には自己破産などの債務整理が必要になる場合もあるでしょう。更に、一度に複数の金融業者に申し込みをすることで申し込みブラックとなってしまいます。

 

一旦、自己破産してしまえば最低5年間、申し込みブラックでは最低でも6カ月間は審査に通り難くなってしまうのです。例えば、就職の内定している会社で運転免許が必要と言われ、ローンを利用して自動車学校に通いたい場合もあるでしょう。オートローンの審査に通らない場合には免許の取得も難しくなってしまうでしょう。

 

就職に必要な運転免許が取得できない場合には、内定している会社にその旨を話す必要も出てくるため、時には過去の金融事故が第三者にバレることもあるでしょう。ブラックリストに載っていることを理由に就職の内定を取り消されることはなくても、信用度としてはマイナスになりますよね。信用情報のキズには充分な注意が必要です。

関連ページ

こんな利用目的でも借入れできる?
総量規制は学生ローンにも関係している?
総量規制が関係するサービスには学生ローンも含まれています。消費者金融の一種であり、貸金業法に従って営業を行っていることがその理由となるのですが、年収の3分の1までしか借入れできないことを意味しているんです。
返済シミュレーションの利用は学生ローンの利用に必要?
学生ローンを利用する時には、まず初めに返済シミュレーションを利用して返済計画を立てることが必要であり、是非おすすめしたいことでもあります。余計な利息を支払わないためにも必要なことと言えるからです。
安心安全に利用できる学生ローンにも問題点や危険性はあるの?
学生を専門としてお金を貸している学生ローンですから、安心安全に利用できる金融業者と言えます。ただし、利用のやり方によって時には問題点が発生したり危険性を感じる場面があるのも事実です。