学生ローン 返済シミュレーション

返済シミュレーションの利用は学生ローンの利用に必要?

学生ローンを利用する時には、まず初めに返済シミュレーションを利用して返済計画を立てることが必要であり、是非おすすめしたいことでもあります。余計な利息を支払わないためにも効率の良い返済が何よりも大事だからです。

 

学生ローンの金利は、同じ消費者金融であっても大手や街金よりも低めに設定されています。学費請求書などの用意ができれば、学費目的としての利用で金利引き下げになる会社もあるのです。学生ローンは学生に優しいお得な金利になっているから、無計画に返済しても大丈夫だろうと考える学生さんもいることでしょう。

 

学生ローンは金利が優遇される場合もありますが、銀行カードローンと比較すると高金利になっています。社会人よりも資金的余裕のない学生だからこそ、返済シミュレーションを利用して可能な限り利息を節約していきたいものですよね。毎月、計画的な返済ができていれば、長期滞納によりブラックになってしまうことも回避できるでしょう。

 

返済シミュレーションの利用は面倒だから使ってみる気にもなれないという人もいると思います。実際には、借入希望額、毎月の返済額、返済回数などの数字を入力するだけなので、短時間で終了しますし簡単に済ませることができるのです。

 

以下で返済シミュレーションの使い方について簡単に説明しています。

 

学生ローンの返済シミュレーションはどう利用する?

学生ローン業者のホームページで用意されている返済シミュレーションでは以下の3項目のうち、どれか2つに入力することで残りの1項目が試算されるというパターンが多いです。

 

学生ローンの返済シミュレーションにある項目は3つだけ!

  • 利用金額(いくらまで借りれるか?)
  • 返済回数(返済期間をどの位の長さにするか?)
  • 返済金額(毎月いくら返済したらいいのか?)
(参考:アミーゴ「返済計画シミュレーション」

 

学生ローンからお金を借りる前に考えておいていただきたい上記3つの項目について、以下で詳しく解説していきます。

 

いくらまで借りれるか?

学生ローンを利用する際にまず考えることと言えば、「いくらまで借りれるか」ということでしょう。総量規制(参考:カードローン即日マガジン「総量規制を知っておく!」で年収の3分の1までしか借りれないという上限金額が決まっていることもあり、必ずしも希望しただけのお金が借りれるとは言えません。まずは自分のアルバイト収入で返済できる可能額を知ることが大事になります。

 

どのくらいの返済期間にするのか、毎月の返済ではどのくらいまで払えるのかを入力すれば、借入可能な金額が見えてきますよ。

 

返済期間をどの位の長さにするか?

学生ローンで借りたお金をどのくらいの返済期間で完済するかを決めることは、計画的に返済するため必要な要素の1つと言えます。返済期間が少しでも短縮されれば、支払う利息の節約にもなります。希望額と毎月の返済金額が分れば、完済までの返済回数や期間を知ることができるのです。

 

返済回数の決定では、無理して短期間で返済しようとすると生活費などのお金が不足してしまうことになります。お金が足りなくなると再び他の学生ローンで融資を受けるという悪循環になる可能性もあるため、毎月余裕を持って支払いができる返済金額を設定しておくと良いでしょう。

 

学生ローンも銀行や通常の消費者金融と同じように、途中で余裕資金ができた時に追加返済することも可能です。

 

毎月いくら返済したらいいのか?

学生ローンの借り入れで希望する金額と返済期間が決まっている場合には、毎月いくら返済したらいいのかをシミュレーションで知ることができます。毎月同じ金額を支払うのは、時には大変と感じることもあるでしょう。

 

試算して出た毎月の返済額では厳しいと感じた場合には、借入金額を減らすか、返済回数を増やす必要があります。どうしても必要な金額が決まっているのであれば、利息の支払額は多少増えてしまいますが、思い切って返済期間を1年伸ばしてみるのも良いでしょうね。

 

返済シミュレーションを利用する重要性

「学生ローンの返済シミュレーションの使い方は分かったけど、実際に利用するのは面倒!」という学生さんもいると思いますが、計画的な返済をするためにもこのようなツールの利用はとても重要なんです。

 

お金を借りると必ず発生するのが「利子」ですが、借りたお金を少しでも早く返済することで支払う利子の総額を大幅に減らすことも可能になります。逆に返済の延滞をすると「遅延損害金」というペナルティーとも言える金利が通常の利子の他に発生します。通常は17%の金利であっても、遅延利息の20%が科せられることになるのです。

 

遅延利息によって、時には借入元金を超える利息を支払うことになる人もいるんです。たとえ学生であってもブラックリストに載ることも充分に考えられます。余計な利息を支払ったり、信用情報に傷を付けることのないように、しっかりと返済シミュレーションで返済計画を立てるようにしましょう。

関連ページ

こんな利用目的でも借入れできる?
総量規制は学生ローンにも関係している?
総量規制が関係するサービスには学生ローンも含まれています。消費者金融の一種であり、貸金業法に従って営業を行っていることがその理由となるのですが、年収の3分の1までしか借入れできないことを意味しているんです。
学生ローンを利用した履歴は信用情報に登録されるの?
学生ローンで申し込み・借入れ・返済をした場合、全てが信用情報機関に登録されることになります。そのため、返済期日に遅れるとその情報も登録されてしまうので注意が必要です。
安心安全に利用できる学生ローンにも問題点や危険性はあるの?
学生を専門としてお金を貸している学生ローンですから、安心安全に利用できる金融業者と言えます。ただし、利用のやり方によって時には問題点が発生したり危険性を感じる場面があるのも事実です。