学生ローン 返済シミュレーション

返済シミュレーションの利用は学生ローンの利用に必要?

学生ローンを利用する時には、まず初めに返済シミュレーションを利用して返済計画を立てることが必要であり、是非おすすめしたいことでもあります。余計な利息を支払わないためにも必要なことと言えるからです。

 

学生ローンの金利は同じ消費者金融であっても大手や街金よりも低めに設定されていますし、学費請求書などの用意ができれば学費目的ならば更に低金利でお金が借りれるため、その点では安心して利用できます。

 

とは言っても、銀行カードローンと比べると高金利と言えますし、社会人よりも資金的余裕がないことから、学生だからこそ返済シミュレーションの利用が必要となるのです。返済の滞納によりブラックになることのないよう積極的に返済計画を立てたいものですね。

 

入力する項目は、借入れを希望する金額や毎月の返済額、返済回数など数字の入力のみとなっているので、極短い時間で終了しますので、是非利用してみてください。

 

学生ローンの返済シミュレーションはどう利用する?

利用したい学生ローン業者のホームページに返済シミュレーションが用意されている場合、次のどのことについて知りたいかにより利用するツールが異なってくるのです。

  • いくらまで借りれるか?
  • 返済期間をどの位の長さにするか?
  • 毎月いくら返済したらいいのか?

学生ローンからお金を借りる前に考えておいていただきたい上記の3つの項目について、以下で詳しく解説していきます。

 

いくらまで借りれるか?

学生ローンを利用する際にまず考えることと言えば、「いくらまで借りれるか」ということでしょう。総量規制で年収の3分の1までしか借りれない規制が入っているため、希望額が借りれるとは必ずしも言えませんが、まずは自分のアルバイト収入で返済できる可能額を知ることが大事となります。

 

それには次のことをまず初めに決めておくのも1つの方法でしょう。

  • 毎月可能な返済額
  • どのくらいの期間で返済するのか
  • 金利

この2つの項目が打ち込めるツールを利用すれば、あなたがいくらまで借りることが可能かを自動的に算出してくれます。

 

返済期間をどの位の長さにするか?

学生ローンで借りたお金がどのくらいの返済期間で完済するかを決める場合には、次のような項目が用意されているツールを利用しましょう。

  • 希望する借入れの金額
  • 毎月の返済額
  • 金利

このツールならば、借りたい金額と毎月返済可能な金額が決まっている場合、どのくらいの期間で完済できるかを知ることもできます。

 

毎月いくら返済したらいいのか?

希望する金額と返済期間が決まっている場合には、毎月いくら返済したらいいのかをシミュレーションで知ることができます。その場合には、このような項目を入力するツールの利用が必要です。

  • 希望する借入れの金額
  • どのくらいの期間で返済するのか
  • 金利

お金を借りた時に心配になるのが計画的に返済できるかということでしょう。毎月いくら返済したら効率良く返済できるかを知ることができるツールとなっています。

 

返済シミュレーションを利用する重要性

「返済シミュレーションの使い方は分かったけど実際に利用するのは面倒!」という学生さんもいると思いますが、計画的な返済をするためにもこのようなツールの利用はとても重要なんです。

 

お金を借りると必ず発生するのが「利子」ですが、借りたお金を少しでも早く返済することで支払う利子の総額を大幅に減らすことも可能になります。逆に返済の延滞をすると「遅延損害金」というペナルティーとも言える金利が通常の利子の他に発生します。

 

そのために、借入元金を超える利息を支払うことになる人もいるんです。このようなことにならないように、1日でも早い完済を目指す意味でも、しっかりと返済シミュレーションで返済計画を立てるようにしましょう。

関連ページ

こんな利用目的でも借入れできる?
総量規制は学生ローンにも関係している?
総量規制が関係するサービスには学生ローンも含まれています。消費者金融の一種であり、貸金業法に従って営業を行っていることがその理由となるのですが、年収の3分の1までしか借入れできないことを意味しているんです。
学生ローンを利用した履歴は信用情報に登録されるの?
学生ローンで申し込み・借入れ・返済をした場合、全てが信用情報機関に登録されることになります。そのため、返済期日に遅れるとその情報も登録されてしまうので注意が必要です。
安心安全に利用できる学生ローンにも問題点や危険性もあるの?
学生を専門としてお金を貸している学生ローンですから、安心安全に利用できる金融業者と言えます。ただし、利用のやり方によって時には問題点が発生したり危険性を感じる場面があるのも事実です。