学生ローン 語学留学

語学留学の費用を学生ローンで捻出できる?

学生ローンの利用目的が語学留学の費用の捻出である時、審査に通ることができるかは一概には言えない部分もあります。留学の金額や期間が関係してくるため、内容によって審査結果が違ってくる場合もあるでしょう。

 

学制ローンの利用目的が語学留学である場合には、以下のような問題もあるようです。

 

学生ローンの利用目的が語学留学である時の問題点

 

  • 留学期間が長期だと費用が50万円を超える可能性もある
  • 返済は毎月1回が基本、長期留学中でもきちんと返済できるか心配
(参考:学生ローンまるわかり「語学留学が目的でも学生ローンは利用できる?」

 

学生ローンから語学留学の費用を借りる場合、短期であれば費用や期間が少ないためそれほど問題にならないかも知れません。ただし長期間の留学には、上記のような2つの問題が発生する場合もあるでしょう。

 

長期間の留学は多くのお金が必要、50万円を超える場合も

学生ローン業者では、最大で50万円までしか融資をしていないのが通常となっています。例えば1つの業者にキャッシングの申し込みをした場合、例え本人に多くのアルバイト収入があったとしても、50万円を超える金額の借入れは期待できないでしょう。

 

学生ローンの審査に通って借入可能となった場合でも、途中で返済が難しくなるようなアクシデントが起きた場合、以降の返済が滞ってしまう危険性もあるのです。毎月の返済額が多くなったり返済期間が長くなることで、予測できないことが起きるリスクも高まります。

 

学生ローン1社だけでなく複数の業者でお金を借りる場合には、他社からの借り入れがあることで審査が厳しくなる可能性もあります。収入を証明する書類の提出が必要になったり、時には在籍確認も実施されるかも知れません。

 

長期留学の費用を全額キャッシングで賄うことは難しいと言えますし、不足する費用は親に教育ローンを組んで貰うことや、一時的にお金を貸してもらう方が無難と言えますね。

 

長期留学先から毎月の返済が可能か?

長期の語学留学期間中にも、学生ローンで借りたお金の返済は毎月やって来ます。留学中はアルバイトができないことも多いため、返済するお金の工面ができるのか不安を感じる業者もあることでしょう。

 

長期間外国に留学することにより、日本での借金の返済を忘れてしまうかも知れないという心配もあります。長期の返済の延滞があった場合には、学生ローン業者であっても督促の電話や郵便を送ることもありますが、海外だと連絡が取りずらい状況となるでしょう。

 

融資したお金をきちんと回収できるのかの見通しが付き難いですし、踏み倒しされる危険性さえ感じるかも知れません。長期間海外に滞在する場合には、学生向けのローン会社ではあっても、審査を通すには二の足を踏みたくなるものでしょうね。どんな金融業者であっても長期の語学留学を利用目的とした場合には、審査に通りにくいと思っておいた方が良いかも知れません。

 

長期の語学留学には学生ローンではなく公的融資がおすすめ

語学留学が長期間に渡ることで、費用も裕に100万円は超えてしまうことは普通のようです。学生ローンから借りるだけでは費用の捻出が難しい場合も多いことから、教育ローンや奨学金の利用の方が便利であると言えるでしょう。

 

教育ローンであれば公的融資もありますし、銀行のローンも利用可能です。特に日本政策金融公庫には一般貸付(国の教育ローン)であれば、年1.76%という低金利で融資を受けることができます。(参考:お金を借りる方法まとめ「留学資金を借りる方法を徹底調査しました」

 

関連ページ

学生ローンは車や原付バイク購入が利用目的でも大丈夫?
学生ローンを利用する目的が車・原付バイクの購入であっても大丈夫なんです。ただし最大でも50万円が利用限度額の上限となりますので、その範囲内でしか1つの業者でお金を借りることができません。
学生ローンの利用目的がパチンコやスロットのギャンブルでも大丈夫?
学生ローンの申し込みや審査で利用目的をパチンコやスロットなどギャンブルであることを申告した場合、その場で審査落ちとなるでしょう。
学生ローンでギターなど楽器の購入資金を借りれる?
学生ローンを利用する目的がギターなど楽器の購入であっても、審査に通ることは可能です。学費や卒業旅行などの費用の準備だけでなく、欲しい物の購入代金の捻出にも役立つサービスと言えます。
美容整形が利用目的でも学生ローンで借りて大丈夫?
学生ローンの利用目的が美容整形の手術費用であっても、借入れ可能なので大丈夫ですよ。ただ美容整形には多くの資金が必要になるため、キャッシングで借りたお金だけでは足りないこともあるでしょう。
運転免許を取得したい!学生ローンで自動車学校の費用を借りれる?
学生ローンで運転免許を取得するために、自動車学校に通う費用を借りることはできます。ただし、教習所に支払う費用を全額キャッシングで賄うならば、その3倍のアルバイト収入が必要になるんです。
学費が足りない!学生ローンに頼ることはできる?
大学や専門学校の授業料が足りない時には、学生ローンに頼るのが一番と言っても過言ではありません。学費の支払いを目的とする場合には金利を下げてくれることが多いからです。
学生ローンからパソコン購入費用を借りれる?
学生ローンの利用目的がパソコンを買うためであっても、その理由が原因で審査に落ちることはないので大丈夫です。ただし、高額のパソコンを購入する場合にはそれなりの年収を求められることになります。
お金を借りたい理由が旅行費用でも学生ローンの利用は可能?
旅行費用が不足していることを理由に学生ローンでお金を借りることはできます。遊びのお金を借りたいと言うと聞こえが悪いと思われがちですが、意外にも余裕資金があると判断され審査に通りやすいと言えるのです。
生活費の捻出に学生ローンを利用しても大丈夫?
生活費が足りない時に学生ローンを利用することは可能です。それでも、厳密に言うならばどの程度生活に困っているかにより、審査の通りやすさに差が出てくる場合もあります。