学生ローン ギャンブル パチンコ スロット

学生ローンの利用目的がパチンコやスロットのギャンブルでも大丈夫?

学生ローンの申し込みや審査で、利用目的をパチンコやスロットなどギャンブルとした場合には、その場で審査落ちとなるでしょう。闇金ならばギャンブル資金であってもお金借りれることは多いようです。ただし闇金からお金を借りた場合、トイチやトゴ、ヒサンなどという用語もある法外な金利を請求されることにもなります。(参考:闇金トラブル解決ナビ「闇金用語集」

 

学生ローンを利用する学生の中には、適当な理由で嘘の利用目的を伝える人がいるかも知れません。使い道がギャンブル資金であっても自分で言わなければ分らないことから、実際にはどんな使い道であっても融資を受けることは可能でしょう。とは言え、学生ローンからのギャンブルを目的とした借金は、最もおすすめできない借入れのやり方です。

 

学生ローンの使い道がギャンブルだと審査に落ちる理由

学生ローンは使い道自由ですし、学費の他にも色々な場面で強い味方になってくれるサービスと言えます。ただし、申し込みをする場合には利用目的について必ず聞かれることになるのです。審査の際に、その場で審査落ちとなる利用目的の1つが「ギャンブル資金」と言えるでしょう。

 

学生ローンは基本的に使い道自由となっているため、どんなことにも利用できるサービスということもできます。とは言え、借入資金をギャンブルに使うと言った途端に審査落ちとなる可能性は高くなりますし、その理由には以下のようなことがあるのです。

 

学生ローンの使い道がギャンブルだと審査に落ちる理由

  • お金の使い方に疑問を持たれる
  • 返済できない可能性がある

 

学生ローン会社は、金銭感覚が普通の人と違うかも知れない、きちんと返済できないかも知れないと判断した場合には、どんなに年収の高い学生であっても審査に通すことはできないでしょう。いくらアルバイトの収入が多くても、稼いだお金を借金返済に回すことが期待できなければ、貸し倒れになる可能性もあるからです。

 

利用目的をギャンブル資金と言わなれければ利用できる?

確かに学生ローンの申し込みや審査の段階で利用目的を聞かれた時に、ギャンブルという言葉を口にしなければ金融業者に本当の使い道を知られることはないでしょう。学生ローンの利用目的として旅行費用・原付バイクの購入資金・自動車学校の費用などと言えば、すんなりと審査に通ってしまうことが多いからです。

 

学費が目的であると言った場合には金利優遇サービスが適用されることもあり、その場合には学費の請求書などその金額を証明する必要書類の提出を求められますが、その場合でも請求書の提出が可能ならば低い金利でのキャッシングも可能になります。

 

ただし、意外にも嘘は自らの口からバレることもあるのです。金融業者はこれまで非常に多くの学生からヒアリングを行っています。今までの経験やパターンから怪しまれる危険性もあるでしょう。

 

嘘がバレる以上に怖いのがブラックリストに載ること!

ギャンブル資金としてお金を借りる時に、学生ローン業者に嘘を言って都合よく信用してもらえれば、融資を受けることも可能でしょう。ただし、うまく学生ローンからお金を借りることができたとしても、借り入れた資金をギャンブルで使い果たし、その流れでアルバイトで稼いだお金までもパチンコやパチスロに使ってしまう場合もあると思います。

 

ギャンブルでお金を使い果たしてしまえば、学生ローンから借りたお金の返済どころか、更に他社からの借り入れにより借金が増えることになるかも知れません。最終的には返済が完全に滞り、長期滞納によりブラックリストに載ることにもなります。学生ローン会社に嘘がバレるよりも怖いことになるでしょう。

 

借金返済が完全に無理な状況となった時には、自己破産などの債務整理をする人もいます。ただし、ギャンブルで作った借金は免責が認められないことが多いです。1回目の免責は認められても2回目は無理となり、ギャンブルで借金をした人は法律での救済を受けることもできなくなります(参考:ゼニ武士「パチンコや競馬などのギャンブル資金をキャッシングするのは本当に危険!」。自己破産すれば少なくても5年から7年はブラックリストに載り、どのローンも組むことができません。

 

どこからもお金を借りることができない状況となれば、今度は誰にでもお金を貸す闇金を利用する人もいるでしょう。闇金でお金を借りた場合、返済ができないとヤクザのような人が取り立てに大勢で押しかけてくることも当然あります。更に法外な金利を取られることにもなり、支払いができない場合には親にまで請求の手が伸びることでしょう。

 

最終的な結論として言えるのは、闇金からの借入れは勿論ですが、学生ローンの利用であってもギャンブル資金の借入れは、あなた自身のために絶対に止めるべきということです。

関連ページ

学生ローンは車や原付バイク購入が利用目的でも大丈夫?
学生ローンを利用する目的が車・原付バイクの購入であっても大丈夫なんです。ただし最大でも50万円が利用限度額の上限となりますので、その範囲内でしか1つの業者でお金を借りることができません。
学生ローンでギターなど楽器の購入資金を借りれる?
学生ローンを利用する目的がギターなど楽器の購入であっても、審査に通ることは可能です。学費や卒業旅行などの費用の準備だけでなく、欲しい物の購入代金の捻出にも役立つサービスと言えます。
美容整形が利用目的でも学生ローンで借りて大丈夫?
学生ローンの利用目的が美容整形の手術費用であっても、借入れ可能なので大丈夫ですよ。ただ美容整形には多くの資金が必要になるため、キャッシングで借りたお金だけでは足りないこともあるでしょう。
運転免許を取得したい!学生ローンで自動車学校の費用を借りれる?
学生ローンで運転免許を取得するために、自動車学校に通う費用を借りることはできます。ただし、教習所に支払う費用を全額キャッシングで賄うならば、その3倍のアルバイト収入が必要になるんです。
学費が足りない!学生ローンに頼ることはできる?
大学や専門学校の授業料が足りない時には、学生ローンに頼るのが一番と言っても過言ではありません。学費の支払いを目的とする場合には金利を下げてくれることが多いからです。
学生ローンからパソコン購入費用を借りれる?
学生ローンの利用目的がパソコンを買うためであっても、その理由が原因で審査に落ちることはないので大丈夫です。ただし、高額のパソコンを購入する場合にはそれなりの年収を求められることになります。
お金を借りたい理由が旅行費用でも学生ローンの利用は可能?
旅行費用が不足していることを理由に学生ローンでお金を借りることはできます。遊びのお金を借りたいと言うと聞こえが悪いと思われがちですが、意外にも余裕資金があると判断され審査に通りやすいと言えるのです。
語学留学の費用を学生ローンで捻出できる?
学生ローンの利用目的が語学留学の費用の捻出である時、審査に通ることができるかは一概には言えない部分もあります。それには留学の金額や期間が関係してくるため、業者や条件により審査結果も違ってくるでしょう。
生活費の捻出に学生ローンを利用しても大丈夫?
生活費が足りない時に学生ローンを利用することは可能です。それでも、厳密に言うならばどの程度生活に困っているかにより、審査の通りやすさに差が出てくる場合もあります。