学生ローン パソコン

学生ローンからパソコン購入費用を借りれる?

学生ローンの利用目的がパソコンを買うためであっても、その理由が原因で審査に落ちることはないので大丈夫です。ただし、高額のパソコンを購入する場合にはそれなりの年収を求められることになります。

 

具体的には総量規制により決められている、「借入れの総額は年収の3分の1以内(参考:金融庁「貸金業法Q&A」」という基準があるために、全額をキャッシングで賄うならば買いたいパソコンの値段の3倍の年収が必要になるのです。

 

学費でなくても学生ローンからパソコン購入費用を借りることはできる

大学の授業でパソコンが必要になることもあるでしょう。学生ローンからパソコンの購入費用を借りることは可能です。パソコンと言うと高価で贅沢品というイメージがあるかも知れませんが、基本的に学生ローンは「使い道自由」となっています。

 

学生ローンに借入申込をする時には審査で利用目的を聞かれるのが普通ですが、「パソコンを買いたい」と言っても、その答えが理由で審査に落ちることはないでしょう。例えば以下のような事実とは違う理由を言う必要もありません。

 

学生ローンからお金を借りる時の利用目的

  • 学校のサークル活動にお金が必要
  • 就職活動にスーツを買いたい
  • 卒業旅行の費用が欲しい

 

学生ローンの利用目的として、「学費の支払いにお金が必要」と最も聞こえの良い理由を言いたくなるかも知れません。学生ローンを学費目的で利用する場合には、学費請求書などの提出を求められることになります。学費の書類が提出できなければ、利用の理由にすることはできません。パソコンの購入費用であれば審査に通る可能性は充分にあるので、正直な利用目的を伝えた方が良いでしょう。

 

パソコンの購入資金を借りるにはどのくらいの年収が必要?

パソコンを買うための貯金が全くない場合、学生ローンから全額借りる必要があります。学生ローンから借入れできる金額は、年収の金額に大きく関係しているのです。学生ローンからパソコンの購入資金を借りるのであれば、代金の3倍に相当する年収が必要になります。

 

例えばパソコンの価格が18万円である時、最低でも54万円の年収を得ていることが条件となります。貸金業者でお金を借りる場合は何処の業者を利用するにしても、総量規制という法律が付いてまわることになるのです。

 

総量規制が施行される前までは、お金を借り過ぎてしまい多重債務者となる人が続出し、結果的に自己破産などの債務整理をする事にもなっていました。貸金業法は破産者を出さないために平成22年6月にに改正され、借入総額を年収の3分の1以下に制限することになったのです。

 

学生ローンでお金を借りる場合に年収の嘘は可能?

貸金業者を利用する人の保護を目的としてできた総量規制ですが、学生ローンの場合には「在籍確認なし・収入証明なし」でお金を借りれるシステムになっているため、実質的に年収の金額について嘘をつくことが可能になっています。

 

この事実を知っている学生なら、初めから正直に年収を申告する積りもなく、審査に通りやすそうな金額を年収として報告する場合もあるでしょう。結果的に高性能なパソコンを購入できるだけの金額を借入れできるかも知れません。

 

学生ローンの場合、借りるのは簡単ですが年収に見合わない金額を借りてしまうと、返済で非常に苦労することになります。学生の内から返済の長期延滞でブラックにならないようにする必要もありますし、返済可能な金額を借りることが何よりも大事になるのです。

 

学生ローンでパソコンの購入費用を借りる場合には、用途に合ったパソコンを選ぶ必要もあります。購入するパソコンの費用を抑えることができれば、学生ローンから借りる金額も少額で済むかも知れません。(参考:ドスパラトラノマキ「ポイントその1『用途・目的に見合ったパソコンの価格帯を知る』」

関連ページ

学生ローンは車や原付バイク購入が利用目的でも大丈夫?
学生ローンを利用する目的が車・原付バイクの購入であっても大丈夫なんです。ただし最大でも50万円が利用限度額の上限となりますので、その範囲内でしか1つの業者でお金を借りることができません。
学生ローンの利用目的がパチンコやスロットのギャンブルでも大丈夫?
学生ローンの申し込みや審査で利用目的をパチンコやスロットなどギャンブルであることを申告した場合、その場で審査落ちとなるでしょう。
学生ローンでギターなど楽器の購入資金を借りれる?
学生ローンを利用する目的がギターなど楽器の購入であっても、審査に通ることは可能です。学費や卒業旅行などの費用の準備だけでなく、欲しい物の購入代金の捻出にも役立つサービスと言えます。
美容整形が利用目的でも学生ローンで借りて大丈夫?
学生ローンの利用目的が美容整形の手術費用であっても、借入れ可能なので大丈夫ですよ。ただ美容整形には多くの資金が必要になるため、キャッシングで借りたお金だけでは足りないこともあるでしょう。
運転免許を取得したい!学生ローンで自動車学校の費用を借りれる?
学生ローンで運転免許を取得するために、自動車学校に通う費用を借りることはできます。ただし、教習所に支払う費用を全額キャッシングで賄うならば、その3倍のアルバイト収入が必要になるんです。
学費が足りない!学生ローンに頼ることはできる?
大学や専門学校の授業料が足りない時には、学生ローンに頼るのが一番と言っても過言ではありません。学費の支払いを目的とする場合には金利を下げてくれることが多いからです。
お金を借りたい理由が旅行費用でも学生ローンの利用は可能?
旅行費用が不足していることを理由に学生ローンでお金を借りることはできます。遊びのお金を借りたいと言うと聞こえが悪いと思われがちですが、意外にも余裕資金があると判断され審査に通りやすいと言えるのです。
語学留学の費用を学生ローンで捻出できる?
学生ローンの利用目的が語学留学の費用の捻出である時、審査に通ることができるかは一概には言えない部分もあります。それには留学の金額や期間が関係してくるため、業者や条件により審査結果も違ってくるでしょう。
生活費の捻出に学生ローンを利用しても大丈夫?
生活費が足りない時に学生ローンを利用することは可能です。それでも、厳密に言うならばどの程度生活に困っているかにより、審査の通りやすさに差が出てくる場合もあります。