学生ローン 運転免許 自動車学校

運転免許を取得したい!学生ローンで自動車学校の費用を借りれる?

学生ローンで運転免許を取得するため自動車学校に通う費用を借りることはできます。ただし、教習所に支払う費用を全額キャッシングで賄うならば、費用の3倍に相当するのアルバイト収入が必要になるんです。

 

自動車学校は18歳から通うことができます。教習費用の捻出には学生ローンを利用する方法も選択可能です。ただし、学生ローンは20歳以上でないと利用できないことも多いため、未成年の学生の場合は一部の未成年可となっている学生ローンを利用するか(一部の業者で親の承諾が必要【参考:フレンド田「貸付条件表」)、その他の方法により教習費用を捻出する必要があるでしょう。

 

教習費用の捻出なら自動車学校のローンより学生ローンが便利!

自動車学校に通う費用を捻出したい時、選択肢はいくつかあるでしょう。

 

学生が自動車学校に通う費用の捻出方法

  • 親からお金を借りる・お金を出してもらう
  • 自動車学校で利用できるローンなどでお金を借りる
  • 学生ローンなどでキャッシングする

 

奨学金を使って教習費用を捻出することはできないため、それ以外で必要な資金を作る方法と言えば上記の3つが挙げられます。

 

親からお金を借りる・お金を出してもらう

バイクの免許ならば十数万円で足りるかも知れませんが、自動車の免許を取るには30万円前後の教習費用を用意する必要があり(参考:短期・最短で自動車免許を取る方法「普通自動車免許取得の費用について相場と平均を調査しました」、親から出してもらうのは気が引けるという場合も多いと思います。大学や専門学校の学費だけでも親に負担をかけているのに、自動車学校の費用でこれ以上親に迷惑をかけたくないという学生さんも多いでしょう。

 

ただし、アルバイトで稼いだお金だけでは教習費用が不足するという場合には、一時的に親にお金を借りるのも自動車学校の費用を捻出する一つの方法と言えるかもしれません。

 

自動車学校で利用できるローンなどでお金を借りる

自動車学校のローンを利用して教習費用を用意するという方法もあります。大手銀行やエポスカード・セディナ・ジャックス・セゾンカードなど教習所と提携しているローンも多くあるようです(参考:お金を借りる!マンガでわかる【マネーコミック】「教習所の自動車運転免許のローンは審査基準は厳しいの?」。ネット申し込みが主流となっているため、簡単に手続きできるというメリットもあります。

 

教習所ローンは、学生ローン以外にも学生が組むことのできるローンの1つと言えますし、親の承諾があれば18歳や19歳の未成年可となっているローンも用意されているようです。教習所のローンであれば未成年も親に内緒にする必要はないかも知れません。

 

ただし学生さんにとっては、親の承諾を取るのが面倒というデメリットもあるため、学生ローンの利用が未成年可となっている会社を利用するという選択肢もあるでしょうね。

 

学生ローンから自動車免許の取得費用を捻出する

学生ローンで自動車免許の取得費用である30万円を全額借りるのであれば、費用の3倍の年収が必要になります。一年間で90万円をアルバイトで稼ぐ必要があるのですが、月換算では7万円5千円ということになるのです。学校に通いながら稼ぐには難しい金額と言えるかも知れませんね。

 

親に迷惑を掛けずに30万円捻出するには、ある程度の金額はアルバイトで稼ぎ、不足額のみを学生ローンから借りる方が良いと言えるでしょうね。学生ローンにも未成年可となっている会社がありますので、運転免許の取得費用を借りることも可能です。ただし未成年の利用には一部で親の承諾や保証人が必要になっている会社もあります。

 

今すぐ自動車学校に通いたいからと学生ローンの借入申込で嘘の年収を申告する人もいると思います。学生ローンは収入証明の書類提出が不要となっているため、実際には年収が少なくても多くの収入を得ているように申告することができるからです。

 

運転免許を取得することができれば今度は車の購入もしたくなるかも知れません。その場合にはまた学生ローンや自動車ローンを利用することもあるでしょうし、その際に他社からの借り入れがあると審査に通り難くなってしまいます。

 

自動車学校の費用と自動車購入資金とで2つ分のローン返済していくのは、学生には至難の業とも言えるでしょう。このことからも借りる金額はなるべく少なくすることが大事となるのです。

関連ページ

学生ローンは車や原付バイク購入が利用目的でも大丈夫?
学生ローンを利用する目的が車・原付バイクの購入であっても大丈夫なんです。ただし最大でも50万円が利用限度額の上限となりますので、その範囲内でしか1つの業者でお金を借りることができません。
学生ローンの利用目的がパチンコやスロットのギャンブルでも大丈夫?
学生ローンの申し込みや審査で利用目的をパチンコやスロットなどギャンブルであることを申告した場合、その場で審査落ちとなるでしょう。
学生ローンでギターなど楽器の購入資金を借りれる?
学生ローンを利用する目的がギターなど楽器の購入であっても、審査に通ることは可能です。学費や卒業旅行などの費用の準備だけでなく、欲しい物の購入代金の捻出にも役立つサービスと言えます。
美容整形が利用目的でも学生ローンで借りて大丈夫?
学生ローンの利用目的が美容整形の手術費用であっても、借入れ可能なので大丈夫ですよ。ただ美容整形には多くの資金が必要になるため、キャッシングで借りたお金だけでは足りないこともあるでしょう。
学費が足りない!学生ローンに頼ることはできる?
大学や専門学校の授業料が足りない時には、学生ローンに頼るのが一番と言っても過言ではありません。学費の支払いを目的とする場合には金利を下げてくれることが多いからです。
学生ローンからパソコン購入費用を借りれる?
学生ローンの利用目的がパソコンを買うためであっても、その理由が原因で審査に落ちることはないので大丈夫です。ただし、高額のパソコンを購入する場合にはそれなりの年収を求められることになります。
お金を借りたい理由が旅行費用でも学生ローンの利用は可能?
旅行費用が不足していることを理由に学生ローンでお金を借りることはできます。遊びのお金を借りたいと言うと聞こえが悪いと思われがちですが、意外にも余裕資金があると判断され審査に通りやすいと言えるのです。
語学留学の費用を学生ローンで捻出できる?
学生ローンの利用目的が語学留学の費用の捻出である時、審査に通ることができるかは一概には言えない部分もあります。それには留学の金額や期間が関係してくるため、業者や条件により審査結果も違ってくるでしょう。
生活費の捻出に学生ローンを利用しても大丈夫?
生活費が足りない時に学生ローンを利用することは可能です。それでも、厳密に言うならばどの程度生活に困っているかにより、審査の通りやすさに差が出てくる場合もあります。