こんな利用目的でも借入れできる?【学生ローンなるほど】

こんな利用目的でも借入れできる?記事一覧

学生ローンは車やバイク購入が利用目的でも大丈夫?学生ローンを利用する目的が車・原付バイクの購入であっても大丈夫なんです。ただし最大でも50万円が利用限度額の上限となりますので、その範囲内でしか1つの業者でお金を借りることができません。車やバイクの購入となると、1つの業者からの借入れでは足りないこともあるでしょう。ですが、総量規制による借入制限があることから総額で年収の3分の1までしかキャッシングで...

学生ローンの利用目的がパチンコやスロットのギャンブルでも大丈夫?学生ローンの申し込みや審査で利用目的をパチンコやスロットなどギャンブルであることを申告した場合、その場で審査落ちとなるでしょう。闇金ならギャンブル資金であっても借りれますが正規登録業者では、その利用目的が審査に落ちる大きな原因となるでしょう。ただし、中には適当な理由で嘘の利用目的を伝える人もいて、実際にこのような使い道でもキャッシング...

学生ローンでギターなど楽器の購入資金を借りれる?学生ローンを利用する目的がギターなど楽器の購入であっても、審査に通ることは可能です。学費や卒業旅行などの費用の準備だけでなく、欲しい物の購入代金の捻出にも役立つサービスと言えます。大学に入ってからバンドを組む人もいるでしょうし、友達の影響でギターを始めることもあると思います。ギターの値段はそれこそピンからキリまでありますが、贅沢を言わなければ学生ロー...

美容整形が利用目的でも学生ローンで借りて大丈夫?学生ローンの利用目的が美容整形の手術費用であっても、借入れ可能なので大丈夫ですよ。ただ美容整形には多くの資金が必要になるため、キャッシングで借りたお金だけでは足りないこともあるでしょう。学生ローンは最大でも50万円までしか借りれないのが一般的であり、それ以上のお金を借金のみで賄うのならば、複数の業者を利用するしかありません。ただし他社借入があると審査...

運転免許を取得したい!学生ローンで自動車学校の費用を借りれる?学生ローンで運転免許を取得するために、自動車学校に通う費用を借りることはできます。ただし、教習所に支払う費用を全額キャッシングで賄うならば、その3倍のアルバイト収入が必要になるんです。ただし、、自動車学校は18歳から通うことができますが、学生ローンは一部の業者を除き20歳以上でないと利用出来ないことになっているので、未成年の学生の場合は...

学費が足りない!学生ローンに頼ることはできる?奨学金制度を利用していても大学や専門学校の授業料が足りない時には、学生ローンに頼るのが一番と言って良いでしょう。学費の支払いを目的とする場合には金利を下げてくれることが多いからです。学生の生活をサポートすることを目的として融資しているのが学生ローンであり、特に学費が足りない時に最も利用しやすいサービス内容となっています。ただし、学費の支払いを目的として...

学生ローンからパソコン購入費用を借りれる?学生ローンの利用目的がパソコンを買うためであっても、その理由が原因で審査に落ちることはないので大丈夫です。ただし、高額のパソコンを購入する場合にはそれなりの年収を求められることになります。具体的には総量規制により決められている、「借入れの総額は年収の3分の1以内」という基準があるために、全額をキャッシングで賄うならば買いたいパソコンの値段の3倍の年収が必要...

お金を借りたい理由が旅行費用でも学生ローンの利用は可能?旅行費用が不足していることを理由に学生ローンでお金を借りることはできます。遊びのお金を借りたいと言うと聞こえが悪いと思われがちですが、意外にも余裕資金があると判断され審査に通りやすいと言えるのです。また卒業の記念として学生仲間と行く旅行費用の捻出ならば、就職が決まっていれば返済の心配もないことから、更に審査に通りやすい状況となります。遊びの資...

語学留学の費用を学生ローンで捻出できる?学生ローンの利用目的が語学留学の費用の捻出である時、審査に通ることができるかは一概には言えない部分もあります。それには留学の金額や期間が関係してくるため、その問題により審査結果も違ってくるでしょう。具体的にはこのような問題が考えられます。留学期間が長期だと費用が50万円を超える可能性もある返済は毎月1回が基本、長期留学中でもきちんと返済できるか心配短期の語学...

生活費の捻出に学生ローンを利用しても大丈夫?生活費が足りない時に学生ローンを利用することは可能です。それでも、厳密に言うならばどの程度生活に困っているかにより、審査の通りやすさに差が出てくる場合もあります。生活費の不足が一時的なものであるか、または慢性的なものであるかにより、審査結果に違いが出ることになるでしょう。以下ではこの違いが審査結果にどう影響するのかについて解説しています。生活費の借入れは...