学生ローン 利用 注意

便利な学生ローンの利用で注意することはあるの?

学生ローンは親バレしないでお金を借りたい人にも配慮してくれますし、審査が通りやすいというメリットもあります。学生ローンは学生にとって本当に便利なサービスと言えますが、利用を考えている人に注意して欲しい3つのポイントがあるのです。

 

学生ローンの利用で注意したい3つのポイント

 

  • 銀行に比べると学生ローンは金利が高い
  • 総量規制による借入額の制限がある
  • 学生ローンの返済方法は選択肢が少ない

 

 

銀行に比べると学生ローンは金利が高い

学生ローンの金利は、中堅の消費者金融だけでなく大手キャッシングサービスよりも低金利になっています。ただし、銀行カードローンよりも高金利になっていて、同じ金額を借り入れる場合にも大きな金利差が生じることになるのです。

 

例えば、日本三大メガバンクの1つである三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」と、親の同意が必要ですが18歳の未成年も利用可能な学生ローン「フレンド田」から借入れする時の金利を、1万円〜50万円借りる場合で比較してみます。

 

銀行と学生ローンで1万円〜50万円借りる場合の金利(年率)

 

同じ金額を借りる場合であっても、学生ローンと銀行のローンでは金利に開きがあるため、支払う利息の金額も当然ですが違ってきます。例えば学生ローンで新規契約をして借りる金額が10万円である場合には、最高金利が適用されることでしょう。フレンド田では17%の金利となりますが、バンクイックでは最高でも14.6%と低金利です。

 

使い道が学費ならば低金利融資も可能!

学生ローンを「学費目的」で利用する場合には、少額であっても最低金利でお金を借りれる場合もあるようなので、お金の使い道が学費である場合には申込みの際に業者に相談してみると良いでしょう。

 

学費の捻出であれば、学生ローンから借りる以外にも奨学金の利用や親にお願いして教育ローンを組んでもらうという選択肢もあります。

 

総量規制により借入額の制限がある

現在、日本には貸金業者からの借入れについて定めた総量規制(参考:【元銀行員が解説】総量規制とは?その例外とは?という法律があります。貸金業法が2010年に改正された際に新たに追加されたのですが、「利用者の年収の3分の1に当たる金額を融資額の上限とする」という内容になっています。

 

お金の借り過ぎで自己破産する人を出さないことが総量規制の主な目的となっていて、貸金業の正規登録をしている会社はどこも法律を守って融資をしています。もちろん学生ローンも消費者金融の1つですから、総量規制の範囲内で営業をしているのです。

 

例えばこんな場合は?年収と借りれる金額の関係

例えば、大学の通学用に新車の原付バイクを購入するため20万円借りたい時には、希望額の3倍にあたる60万円以上の年収が必要となります。月換算すると、5万円のアルバイト収入がないと学生ローンで満額借りるのは不可ということになるのです。

 

仮に学生ローンを利用したい学生の年収が60万円である場合、他社からの借り入れが40万円あれば借入可能額は最大で20万円となります。

 

学生ローンの返済方法には選択肢が少ない

学生ローンの返済方法を銀行カードローンやテレビCMなどで有名な消費者金融と比較すると、選択肢がとても少なくなっています。学生ローンから借りたお金の返し方は業者によって違いますが、主に3種類となるのです。

 

学生ローンの返済方法は主に3種類

  • 銀行振込み
  • 店頭窓口へ来店して手渡し・自社ATMの利用
  • 現金書留

 

学生ローンの返済方法は3つの選択肢から1つを選ぶことになるため、高田馬場を中心とした東京都内の店舗に来店できるかどうかで返済方法の種類が変わってきます。東京近郊に住んでいる人と、福岡や北海道・名古屋など地方に住んでいる人では選べる返済の方法に違いがあるのです。

  • 東京近郊に住んでいる学生:銀行振込み・店頭への来店・現金書留
  • 地方に住んでいる学生:銀行振込み・現金書留

ただし学生ローン会社によって現金書留での返済に対応していない場合もあるので、利用する前に確認しておく必要があります。

 

銀行や大手消費者金融なら返済方法が多い!

銀行カードローンや大手消費者金融なら全国の提携ATMで利用可能なローンカードが発行されます。借入れだけでなく返済にもコンビニATMが利用できるようになっているのです。

 

他にもインターネットバンキングからの返済も可能なので、学生ローンでは利用できない返済の方法であり、銀行や大手消費者金融の方が借入だけでなく返済方法も多く便利になっています。

 

 

 

 

関連ページ

学生ローンの利用方法とは?
学生ローンの利用方法には、申込み・審査・借入れ・返済があり、学生さんが初めて利用する時には最低限この4つについて事前に知っておく必要があるのです。
学生ローンの利用条件とはどんなこと?
学生ローンの利用条件とは、何と言っても学生であることが絶対となっていますが、その他には20歳以上であることや安定した収入があることも含まれています。
学生ローンも即日融資でお金借りれる?
学生ローンで即日融資によりお金を借りることは可能です。平日ならば指定の口座に即日振込みしてもらうこともできますし、来店対応OKな業者ならば土曜日でも手渡しで即日キャッシングできる場合もあるんです。
学生ローンにはメリットが多い!それでもデメリットもあるの?
学生ローンは学生のためのサービスなので、特に収入についての基準が緩いというメリットはありますが、金利が高め・利用方法が少ないといったデメリットもあるんです。
親にバレないで学生ローンの利用ができる?
学生がお金を借りたい時、学生ローンなら親にもバレないで利用することができるシステムになっているのです。学生に特化したサービスであるため、その辺の配慮については他の金融機関よりも信頼ができます。