学生ローン 親 バレない バレる

親にバレないで学生ローンの利用ができる?

学生ローンは、以下のように親にバレないで利用できるようなシステムが整っています。学生ローンは学生に特化したサービスであるため、親バレなしへの配慮については他の金融機関よりも信頼ができます。

 

学生ローンの利用が親バレしないためのシステム

 

  • 業者からの電話は指定の番号にかけてくれる
  • 契約書類を受取る際の差出人は個人名でもOK

 

 

業者からの電話は指定の番号にかけてくれる

申し込み後に学生ローン業者から掛かってくる電話は本人が指定した番号あてとなるため、親や自宅・実家の契約電話に掛かることはありません。電話の目的は学生本人への申し込みの確認や審査であるため、本人以外に電話を掛ける理由がないからです。安心安全に利用できる学生ローン会社ならば、利用者である学生のプライバシーを重視しています。

 

学生ローン会社から申し込み後に電話が来ても、それだけで借金が親にバレる心配はないと言えるでしょう。ただし電話が長引く可能性もありますので、家族が近くにいない場所や時間帯に電話を受けることができるようにする必要があります。

 

契約書類を受取る際の差出人は個人名でもOK

一般的なキャッシングサービスでは契約書類を郵送することが多く、学生ローンの場合にも最初の1回だけは書類が送付されることもあるようですが、希望があれば個人名で郵送してくれるよう配慮もしてくれます。

 

どうしても自宅への郵送を避けたい場合には、店頭窓口への来店で契約を済ませてしまうという方法もあります。店舗での手続きが完了すれば、郵送物が送られて来る心配もありません。親バレ防止の準備は万全と言えるでしょう。

 

学生ローン以外のサービスだと親バレの配慮が全くないのかと言えば、必ずしもそうではありません。貸金業法では、取り立ての際にキャッシング業者が第三者に借入れの事実を知らせることを禁止しているため、ある程度の配慮は期待できます。(参考:借金返済ガイド「【借金取りの違法性】その取り立ては違法行為?見分ける10のポイント」

 

返済の長期延滞は親にバレる一番の理由となる

いくら学生ローン会社が親バレしない方法で融資をしてくれても、親に学生ローンの利用がバレるタイミングはあるのです。約束の返済日にきちんと支払いをしない場合、返済日から一週間ほどで本人の住民票のある住所へ督促状が郵送されます。

 

数ケ月間の滞納があるにも関わらず本人との連絡が取れない場合には、所在を確認するために実家へ連絡が行く場合もあります。親にキャッシングがバレないためにも返済期限はきちんと守る必要があるのです。

 

返済期限まで返済できない!すぐに親にバレる?

学生ローンで借りたお金を返済期限までに返済できないことが理由で、すぐに親にバレることはありません。一般的には一週間〜3週間程度の猶予期間があり、それでも返済が成されない場合には本人の指定した番号に電話が掛かります。

 

督促の電話だけで借金が親にバレる危険性はとても低いと言えますが、電話をしている時に周りに家族がいれば不審に思われてしまうかも知れませんね。電話だけでなく登録した住所へ督促状が郵送されてきますので、親と同居している学生さんは特に注意が必要となります。下宿をしている学生の場合、業者との連絡が取れないと実家の住所宛てにも連絡が行くこともあるので、同居していない場合でも安心はできません。

 

返済が難しい場合にはすぐに電話で相談を!

学生ローン会社の督促の電話をきっかけに借金が親にバレるのを防ぐ方法は、返済期限に遅れそうという時に事前に電話で相談することです。学生ローンは返済が難しい場合、ある程度の期間ならば待ってくれることも多いので、とにかく困った時にはまず相談してみることをおすすめします。
実際に返済に遅れてしまった場合には、気付いた時点ですぐに業者へ連絡することが大事です。返済の長期延滞、そして督促の電話から逃げ回ることは親にキャッシングがバレる一番の理由となってしまうからです。

 

学生ローンは学生にとって融通の利くサービスであるため、返済が難しい時には勇気を出して相談することで返済期限を延ばしてもらえることも多いようですし、督促の電話が掛かってくるのを防ぐこともできます。

 

例えば学生ローンのカレッヂでは、返済期日から7日間は返済が遅れても事前の連絡があれば遅延になることはなく、5か月以上の滞納をしているにも関わらず連絡が取れない状況になると実家へ連絡に踏み切るようになっているようです。(カレッヂ「ご質問Q&A・ご返済の遅延について」

 

どんな金融機関であっても返済期限に遅れた場合には、遅延損害金(20%の場合が多い)が利息の他に掛かりますので、親にバレる心配と同じように余計なお金が掛かるということも重大な問題となってきます。さらに長期の返済金滞納はブラックリストに載る理由の1つとなるのです。

 

 

関連ページ

学生ローンの利用方法とは?
学生ローンの利用方法には、申込み・審査・借入れ・返済があり、学生さんが初めて利用する時には最低限この4つについて事前に知っておく必要があるのです。
学生ローンの利用条件とはどんなこと?
学生ローンの利用条件とは、何と言っても学生であることが絶対となっていますが、その他には20歳以上であることや安定した収入があることも含まれています。
学生ローンも即日融資でお金借りれる?
学生ローンで即日融資によりお金を借りることは可能です。平日ならば指定の口座に即日振込みしてもらうこともできますし、来店対応OKな業者ならば土曜日でも手渡しで即日キャッシングできる場合もあるんです。
便利な学生ローンの利用で注意することはあるの?
学生にとって学生ローンは本当に便利ですが、注意することはあるんです。銀行に比べると金利が高いことや、総量規制により借入額の制限があること、返済方法の選択肢が少ないなどがそれにあたります。
学生ローンにはメリットが多い!それでもデメリットもあるの?
学生ローンは学生のためのサービスなので、特に収入についての基準が緩いというメリットはありますが、金利が高め・利用方法が少ないといったデメリットもあるんです。