学生ローン 在籍確認 電話 バイト先

学生ローンの在籍確認、バイト先に電話が来る?

学生専用のローン会社は基本的に在籍確認をやっていません。そのため、バイト先にも電話が来ることがないので申し込み後の業者からの電話は学生本人にだけ来ることになるのです。これは学生ローンならではのメリットと言えます。

 

何故ならば、銀行カードローンや消費者金融ならば学生であっても審査の際にバイト先への在籍確認が行われているからです。この段階で確認ができないと審査に落ちたり、審査完了までに余計な時間がかかることもあります。

 

また、学生ローンは学生だけでなく社会人の利用も可能になっている場合があるので、中には在籍確認を避けたい会社員やフリーターが消費者金融を利用せずに学生ローンに申し込むということもあるようです。

 

それでは、在籍確認とはどんなもので、その目的はどんなことなのでしょうか?

 

在籍確認とはどんなこと?目的は?

在籍確認とは、利用者が申し込みで伝える勤務先情報の確認を目的として金融機関が行う電話連絡のことです。。審査に通るかどうかは、在籍確認がきちんと取れるかということにも影響してきます。

 

申し込みを受けたキャッシング会社では利用者の返済能力を知るため、本当にその人が申込書に書かれている勤務先に在籍しているのか確認する必要があります。在籍確認が取れればその人には返済能力があると判断され、その他に問題がなければ審査に通過することが可能になるのです。

 

もちろん、在籍確認の際に「○○金融です」などと名乗ることはないのですが、それでも今は個人の携帯電話にお客さんから電話が掛かることも普通になっているため、わざわざ会社の電話に名指しで電話が来ることを不自然に感じる同僚もいることでしょう。

 

と言うことで、キャッシング会社が行う在籍確認には誰もが少なからず敬遠してしまうことと思いますが、学生ローンならばこのような在籍確認がないため、安心して申し込みできますね。

 

学生ローンに在籍確認がない理由とメリット

学生ローンには在籍確認がありません。その理由はこのようなことがあると言われているんです。

  • 融資額が50万円に制限されている
  • 利用するのは学生のみであり、借入れの金額が多くない
  • アルバイト先の在籍確認は困難であり手間も掛かる

学生を対象とした少額融資であることや、短期のアルバイトだと職場が一定していないなど、在籍確認が取りにくいということもその理由としてあるようです。

 

学生ローン業者がアルバイト先に確認の電話をする場合、本人に無断で勝手に連絡を入れるようなことはないですし、それ以前に在籍確認を行うこともないため余計な心配が要らないこともメリットといえますよね。

 

社会人やフリーターも利用している学生ローン

学生ローンのメリットである「在籍確認なし」でのサービスを利用するのは大学生や専門学校生だけではないようです。在籍確認がないことに魅力を感じるのは社会人やフリーターも同じであり、消費者金融の在籍確認に不安を感じる人が利用するというケースも多いようです。

 

一部では社会人の利用も可能になっているの業者もありますし、学生時代に利用していれば社会人になってからでも利用可能という所も多いからです。

 

ただし、50万円を超える金額の借入れができる可能性もあるということで、その際には在籍確認が行われる場合もあるようなので、借入れの金額には注意した方がいいですね。

関連ページ

学生ローンの審査基準は厳しい?
学生ローンの審査基準は特に厳しいとは言えないでしょう。審査で重視されるのは20歳以上、安定収入、利用目的の内容であるため、比較的利用しやすいサービスとなっているのです。
本当に学生ローンの審査は電話だけなの?
学生ローンの審査は実質的には電話だけと言えるでしょう。申し込みの時に業者に伝える内容も重要な審査資料となりますが、在籍確認も行われていないため電話は審査で大きなウェイトを占めていると言えます。
学生ローンの審査で借りる理由の答え方とは?
学生ローンで審査を受ける時に聞かれる「借りる理由」は、他の項目よりも重要度が高く、その答えによって審査の可決・否決が左右されると言っても過言ではないでしょう。
年収と学生ローンの審査結果には関連性があるの?
年収と学生ローンの審査結果にはやはり関連性があって、金額の多さと審査の通りやすさは比例していると言えるでしょう。これは返済能力に関係していて、収入が多ければそれだけ返済もしやすいということになるのです。