学生ローン 審査 基準

学生ローンの審査基準は厳しい?

学生ローンの審査基準は特に厳しいとは言えないでしょう。審査で重視されるのは20歳以上、安定収入、利用目的の内容であるため、比較的利用しやすいサービスとなっているのです。

どうしても今日中に学生ローンでキャッシングしたいなら、スムーズに審査に通るよう注意する必要があるでしょう。審査の基準とされてい項目は主に3つあるのです。

学生ローンの審査基準となる3つの項目

 

  • 20歳以上の学生である
  • 安定収入がある
  • 利用目的の内容


20歳以上の学生であること

学生ローンの審査に通るには、何と言っても学生である必要があります。さらには20歳以上であることが基本となっているんです。利用できるのは大学生・短期大学生・専門学校生・予備校生が対象となっていて、学生であっても未成年という理由もあり高校生の利用はできません。

業者によっては未成年や学生以外でも利用可能
学生ローン業者により、通常のシステムとは異なる内容で融資している所もあります。

場合により通常のシステムと異なるサービス

  • 18歳や19歳の未成年でも利用可能
  • 学生以外(社会人やフリーター)でも利用可能


18歳や19歳の未成年でも利用可能
学生ローンは20歳以上であることが審査基準の1つとなっていますが、実際には18歳や19歳の未成年でも利用可能な会社は存在しています。20歳未満の方が利用する場合、一部では親の承諾や保証人が必要になっている会社もありますが、ほとんど場合には未成年でも親の承諾・保証人は不要です。(20歳未満は親の承諾・保証人が必要な学生ローン→フレンド田「貸付条件表」

親バレしないようにお金を借りたい人にはおすすめできる学生ローンと言えますが、未成年にも融資をしている学生ローン業者の数はそれほど多くはありません。学生ローンに借入申込みをする前に、業者のホームページで貸付条件を確認しておくことも必要です。

学生以外(社会人やフリーター)でも利用可能
未成年でもキャッシング可能な業者よりも多く存在しているのが、学生以外でも利用可能な学生ローンです。学生の時に利用したことがあれば、学校を卒業して社会人やフリーターとなった後でも、学生時代と同じ内容でサービスが利用できるようになっています。

社会人であれば50万円を超える借入れが可能な学生ローン会社もありますが(参考:イー・キャンパス「新規申込」、銀行や一般的な消費者金融のような高額融資を受けることはできません。少額融資が希望であれば、学生と同じ金利で借入れできてお得であるため、申し込みしてみると良いかも知れません。

安定した収入を継続的に得ていること

学生ローンの審査基準である安定した収入は、一時期だけでなく継続的なものである必要があります。審査の際にあまり働いていないと判断された場合には、審査に通ることができません。確かに学生ローンは他のサービスよりも安定収入の基準が緩くなっているようですが、返済能力のない学生にお金を貸してくれる業者は無いと言えるでしょう。

審査に通りたいために嘘をつくのは決して良いことではないですし、上手くキャッシングできたとしても返済するお金がなければ学生の内から信用情報にキズをつけてしまうことにもなってしまいます。年収が少ない場合には自分の身の丈に合った少ない金額を希望することが大事ですし、審査に通りやすくなる方法でもあるのです。

審査に通りやすい利用目的の内容とは?

審査の際に聞かれる利用目的は、審査に通るか通らないかということは勿論ですが、設定される金利にも影響してくる場合があるので注意する必要もあります。

学生ローンで借りたお金の使い道には以下のようなこともあるでしょう。

学生ローンの借りたお金の使い道(一例)

  • バイクやパソコンなど買いたい物の代金が足りない
  • 学費として使いたい
  • 卒業旅行の費用を捻出したい
  • パチンコ・スロット・競馬などギャンブルの資金が欲しい

学生さんがお金を借りたい理由には多くの事があることでしょう。この中で審査に取りやすい使い道と通りにくい使い道とに分けると以下のようになります。
  • 審査に通りやすい使い道:買いたい物の代金・学費・旅行代金
  • 審査に通りにくい使い道:パチンコなどのギャンブル、投資資金
パチンコなどのギャンブル資金のためにキャッシングを利用したいと言えば、おそらく誰もが審査に落ちるだろうということは考えることでしょう。
バイクやパソコン・旅行費用など、一見ぜいたくに思えてしまう使い道では審査で不利になると心配する人もいると思います。実はキャッシングは「一時的に費用が不足している」という理由の方が審査に通りやすいようなのです。(参考:カードローンコンペ「【学生ローンは危険?】学生ローンのメリット・デメリット」

学生ローンではギャンブルや投資資金でなければ、ほとんどの使い道で審査通過に悪い影響が及ぶことはありません。嘘をつきたい気持ちになることもあると思いますが、学生ローンの利用目的は正直に言ってしまう方が自然ですし、おすすめとなります。

使い道が学費ならば金利の優遇も!
学生ローンには、使い道が学費である場合は金利が優遇されるサービスのある業者もあります。金利を下げることを目的として審査で学費を利用目的とした場合、学費支払いの請求書などの提示を求めらることが多いため、使い道の申告は正直にするべきでしょう。(利用目的が学費なら金利引き下げになる学生ローン→アミーゴ「学費目的ローンキャンペーン」

関連ページ

学生ローンの在籍確認、バイト先に電話が来る?
学生専用のローン会社は基本的に在籍確認をやっていません。そのため、バイト先にも電話が来ることがないので申し込み後の業者からの電話は学生本人にだけ来ることになるのです。
本当に学生ローンの審査は電話だけなの?
学生ローンの審査は実質的には電話だけと言えるでしょう。申し込みの時に業者に伝える内容も重要な審査資料となりますが、在籍確認も行われていないため電話は審査で大きなウェイトを占めていると言えます。
学生ローンの審査で借りる理由の答え方とは?
学生ローンで審査を受ける時に聞かれる「借りる理由」は、他の項目よりも重要度が高く、その答えによって審査の可決・否決が左右されると言っても過言ではないでしょう。
年収と学生ローンの審査結果には関連性があるの?
年収と学生ローンの審査結果にはやはり関連性があって、金額の多さと審査の通りやすさは比例していると言えるでしょう。これは返済能力に関係していて、収入が多ければそれだけ返済もしやすいということになるのです。