学生ローン カレッジ 返済方法

カレッジの学生ローンでの口コミには主に4つのメリットがある

1977年にカレッジは学生ローンの専門店として、東京都新宿区高田馬場で設立されました。創業以来40年が過ぎ、老舗の金融業者として営業を続けてきました。そんなカレッジの学生ローンでの口コミには4つのメリットがあるのです。

 

現在カレッジでは「新カレッジカード」を発行し、セブン銀行ATMからの借入れも可能になっています。学生ローンではめずらしく、振込みや来店よりも便利にお金が借りれると評判です。

 

カレッジは20歳以上でなくても安定した収入のある高卒以上の学生であれば、学生ローンでお金を借りることが可能になっています。18歳や19歳では利用できない金融業者が多いですが、親にも内緒で誰にもバレずに借入れできるのです。

 

利用限度額については最大50万円と少額ですが、金利は年率17.0%で大手キャッシングサービスより低金利という点も、多くの口コミサイトでメリットとして紹介されています。カレッジには学生ローンの会員ランクによる金利引下げもあるのです。

 

更に、学生ローンのお金の借りやすさだけでなく、自由な返済方法によりマイペースで毎月支払いができるという点も高評価となっています。

カレッジの口コミにおけるメリットは主に4つ

  1. 新カレッジカードで全国のセブン銀行ATMから借入れできる
  2. 19歳の未成年も親に内緒でお金借りれる
  3. 大手キャッシングサービスより低金利
  4. 自由な返済方法が選べる

 

新カレッジカードで全国のセブン銀行ATMから借入れできる

大手消費者金融ではおなじみですが、学生ローンでありながらカードローンとして借入れできるのは、カレッジ唯一のサービスとなっています。限度額の範囲内で何度でもカードで借入れや返済ができるため、口コミでの評判も高いです。

 

カレッジの店舗では365日、7時〜23時まで利用可能な自社ATMを設置していて、来店が可能な学生であればその場でカードを受取ることができます。来店できない場合でも、インターネットからカレッジカードの申込みができるので、来店不要です。

 

ただし、現在は電話での申込みには対応していないので、来店とインターネットの2つの申込み方法のみ選択可能となっています。一旦、新カレッジカードが発行されれば、自社ATMに加え、全国のセブン銀行ATMで365日、7時〜23時まで利用できます

 

カレッジカードではなく振り込みでお金を借りたい場合には、平日午後2時ごろまでに審査を完了させる必要があります。特に急いでいる場合には、審査が通ったあとに午後1時頃までの必要書類の提出が必要です。

カレッジの申込みに必要な書類(来店・インターネット)

  • 学生証
  • 免許証か保険証
  • キャッシュカード
  • 公共料金の領収書(来店の場合は不要)

 

カレッジに全額返済するならATMの利用は不可

カレッジやセブン銀行のATMは、借入れはもちろん返済にも利用可能です。ただし残高に端数がある場合にも、ATMでは硬貨が利用できない仕様になっているんです。学生ローンの借入元金をカレッジへ全額返済する場合には、窓口か銀行振込みでの支払いが必要になります。(参考:カレッジ「ご質問Q&A・カレッヂカードについて」

 

セブン銀行ATMの利用にはATM手数料がかかる

カレッジの店舗に設置されている学生ローン専用のATMであれば、手数料無料となっています。一方、セブン銀行ATMを利用する場合には、1万円以下で108円、1万円超の利用で216円が手数料として必要になるため要注意です。

 

可能であれば、カレッジのATMを利用した方が手数料を節約できますよ。

 

19歳の未成年も親に内緒でお金借りれる

学生ローンのカレッジでは、日本国籍の高卒以上の大学生・短大生・予備校生・専門学校生であり、安定した収入があることが利用条件になっています。条件を満たしていれば、18歳や19歳の学生も10万円を上限として利用可能です。

 

家族やアルバイト先へ特に連絡が入ることがないため、カレッジで学生ローンを利用したことが親バレ、職場バレする心配もありません。ただし、返済が5ヶ月以上滞納している状況で本人と連絡が取れない場合には、所在確認の連絡が来ることもあるようです。返済が遅れて困った場合には、まずカレッジに相談しましょう。

 

限度額は最大50万円と少額、ただし大手より低金利

学生ローンのカレッジの利用限度額は50万円が最大となっています。金利は、大手キャッシングサービスよりも低めの一律17.0%になっています。無利息期間のある有名な消費者金融にはサービス面で負けていますが、1%ほど低金利になっているというメリットがあるのです。

 

年利17.0%だと、例えば1万円を1ヶ月間借りた場合には139円の利息になります。銀行よりも高めの金利ではありますが、仮に銀行から14.0%で借りた場合、同じ状況であれあ利息は1万円×14.0%÷365日×30日=115円です。

 

借入金額が少額の場合には、審査基準の厳しい銀行に申込みするのでなく、学生の事情に配慮してくれる学生ローンの方がおすすめとなります。

 

カレッジは学生ローンの返済方法が自由に選べる

カレッジは学生ローンから借りたお金の返済方法を自由に選べるようになっているんです。

カレッジは返済方法が選べる

  • 返済日が自由に選べる
  • 返済金額を自由に選べる(利息以上)

カレッジでは、毎月の返済期日を自分で設定できるようになっています。カレッジでは設定した返済日に支払いが遅れても、7日以上の遅れでなければ延滞利息(参考:はじめてキャッシング「カードローンの遅延損害金(遅延利息)とは」となることはありません。

 

返済方法は、カレッジの場合には元金自由返済方式となっているので、毎月の返済額は利息以上であれば任意の金額を支払うことができます。来店して返済できない場合でも、銀行振り込みや現金書留での入金も可能ですので、自分の都合に合わせて返済することができます。

 

学生ローンのカレッジの住所・電話番号・営業時間

 

カレッヂ基本情報

項目 内容
所在地 東京都新宿区高田馬場2-17-1伊勢浪ビル305号
電話番号 TEL 03-3205-1105
フリーダイヤル 0120-40-3205
FAX 03-3205-1165
営業時間 平日 10時〜18時
土曜日 10時〜14時
休業日 日・祝・第2第4土曜