学生ローン 全国 来店不要

来店不要なら全国どこからでも学生ローンに申し込みできる?

今では学生ローンは来店不要でも利用できるようになっているため、借入申込みの手続きが全国どこからでも行えるようになっています。インターネット申し込みは、店頭窓口まで足を運べない地方学生の利用も可能にしていて、必要書類の送付も瞬時に送信できるようになっているのです。来店できない学生さんの即日融資の可能性も高めてくれています。

 

学生ローンから来店不要で申し込みする方法やお金の借り方にはどんなことがあるのでしょうか。来店必須であれば地方に住んでいる方は学生ローンの利用が難しくなりますが、そもそも学生向けのローン会社が東京に集中している理由は何でしょうか。

 

学生ローンに関する2つの疑問

 

  • 来店不要での申し込みやお金の借り方
  • 学生ローンが東京に集中している理由は何?

 

 

来店不要での申込みやお金の借り方

学生ローンから来店不要の申し込みや借入れする方法で最も一般的なのが、インターネット上の業者のホームページを開き、申込みフォームに氏名や住所、電話番号やバイト先の情報など必要な項目に入力して送信するやり方となります。

 

全国どこからでも利用できるインターネット申し込みは、以下のような流れで手続きが進んで行くことになるのです。

 

来店不要のインターネット申し込みの流れ

  1. インターネット申し込みの開始(フォームへの入力)
  2. 業者から申し込みの確認・審査のための電話が掛かって来る(自分でかけることも可能)
  3. 学生証と身分を証明するための必要書類をFAXやメール添付により送る
  4. 審査が終了すると指定の口座に借入れするお金が振込まれる
  5. 契約書の返送をする
(参考:友林堂「ご融資までの流れ」

 

学生ローンには、インターネット申し込みと同じように来店不要で全国どこからでも申し込みできる方法があります。電話申し込みではインターネット利用とは違い受付時間が限られているというデメリットはありますが、手っ取り早く申し込み手続きを済ませることのできる方法の1つです。

 

ただし電話による申し込みの場合はそれぞれの業者で取扱いをしている所としていない所で分かれているため、インターネットから手続きをするのがおすすめとなるのです。

 

東京ばかりに集中している学生ローン業者について

来店不要で利用ができるため、全国どこからでも申込みができるのが今時の学生ローンのメリットの一つと言えるのですが、インターネットが普及する前の学生ローンは地方の学生にとっては無縁のものだったことでしょう。

 

当時の状況ならば、電話か業者の店舗に来店するしか申し込みをする方法がなかったと思われるため、本来の学生ローンは高田馬場にある学校に通う学生のためのものであったかも知れませんね。今は全国どこからでもインターネットを利用して申し込みできる時代ですから、学生ローンは今や地方の学生のものにもなっています。

 

学生ローンの発祥地と言えば「高田馬場」ということになりますが、有名な早稲田大学などの有名私立大学や専門学校、予備校などが点在していること、下宿先もあり多くの学生が集まる街であったというのが学生ローン業者が東京(高田馬場)ばかりに集中している理由だったようです。(参考:ベル「学生ローンの歴史について」

関連ページ

学生ローンに申込みするにはどんな方法があるの?
学生ローンに申込みする方法で最も一般的なのは、インターネットを利用して業者のホームページ内にある申込みフォームから手続きを行うことです。他には電話受付や来店して申込みする方法もありますが、やはりネット申込みが最も多くなっています。
学生ローンで必要となる申し込み時の書類とは?
学生ローンで必要となる申し込み時の書類は業者によって違うのですが、どこであっても学生証は欠かせないようです。またそれだけでなく運転免許証や保険証、キャッシュカードなどが必要な場合もあります。
保証人なし・担保なしでも学生ローンの利用はできる?
学生ローンは保証人なし・担保なしが基本となっています。そのため誰にも内緒でお金を借りれることがメリットの1つとなっているのです。
学生ローンでいくらまで借りれる?限度額の上限が知りたい!
学生ローンでいくらまで借りれるかと言えば、多くの業者で限度額の上限としている50万円ということになります。ただし、あくまでも最大での借入限度額であるため誰もがこの金額を借りれるという訳ではありません。