学生ローン 借りる 手続き やり方

学生ローンでお金を借りる時の手続きのやり方とは?

まず学生ローン業者にインターネットや電話・来店により申し込みをすることから始まり、その後は電話での審査・必要書類の送付が済むと、口座への振り込みや手渡しでの借入れというのが手続きのやり方となります。

 

そのため、インターネットで申し込みする場合の手続きの流れはこうなるのです。

  1. 利用する業者のホームページで申込みフォームに入力して送信
  2. 学生ローン業者から確認・審査の電話が来る
  3. 必要書類を送付する
  4. 指定の口座への振込みキャッシング

学生ローンを利用する時の具体的な手続きのやり方については、以下を参考にしてください。

 

ホームページからのインターネット申し込み

インターネット申し込みをするには、まず利用したい学生ローン業者のホームページから申込専用フォームを開く必要があります。

 

その後は、必須となっている全ての項目に入力をする必要があるのですが、その前にやっておきたいことがあります。

  • 申し込みが可能かを自己診断できるツール「クイック診断」の利用
  • 返済シミュレーションで返済可能な金額を試算する

学生ローンに申し込みをする前には、この2つのツールにより申込み可能であること、どのくらいの金額までなら返済が可能かということを確認した上で申込みフォームに入力して行くことが大事となるのです。

 

返済可能な金額を知ることは、申込みフォームに入力する「借入希望額」をどのくらいの金額にするかということに関係してきます。返済できる範囲での借入れが必要と言えるからです。

 

電話による確認・審査

インターネット申し込みが済むと、学生ローン会社から申し込みの確認と審査のために電話が来ます。指定した番号にかかってきますので、自分の携帯電話の番号を指定しておけば安心ですね。

 

ただし、この時の電話は申し込みの確認をする目的の他にも、実際にアルバイトで働いている時間を含んだ細かい内容となるため、1時間程かかる場合もあります。在籍確認が実施されていないため、このような電話での聞き取りが重要となるのですが、親にバレるのが心配な場合には周りに誰もいない場所で電話を受けるようにするべきですね。

 

必要書類を送付する

審査に通ることができると、業者から必要書類を送付するように支持されます。プライバシーの面からも個人情報を金融業者に知られてしまうことに抵抗を感じるかも知れませんが、業者でも相手の身元がハッキリと確認できないと融資ができないのです。

 

必要となる書類はこのようなものとなります。

  • 学生証(必須)
  • 運転免許証・健康保険証・住民票などから最低1点
  • キャッシュカード(業者により必要)

学生証はどこの学生ローン業者でキャッシングする場合にも必要となりますが、その他に最低でも1点の身分証明書類が必要になることが多いので、詳しくはホームページで確認しましょう。

 

必要書類を送付するやり方については、学生証やその他の身分証明書をコピーしてFAXで送信したり、スキャナーや携帯カメラを利用して作成した画像ファイルをメールに添付する方法があります。

 

また来店が可能ならば直接店頭に必要書類を持ち込むという方法もあるでしょう。

 

指定口座への振込みキャッシング

学生ローンは振込キャッシングでお金を借りるのが基本となっています。平日の午後2時頃までに契約が完了すれば即日でお金を借りることも可能でしょう。また、どうしても今日中にお金を借りたい場合には、来店が可能ならば手渡しでの借入れも利用できます。

 

電話や来店して申し込みするやり方について

学生ローンに申し込みするならば、はやりインターネットを利用する方が便利ですし早いのですが、電話や来店でも申し込みが可能な業者も確かにあります。

 

来店が可能な地域に住んでいれば、店頭で申し込みから手渡しの借入れまでの全ての手続きを済ませることができます。ですが、このような申込み方法は地方に住んでいる学生だと無理ですね。

 

また電話による申し込みについては、受付をしていない業者もあります。電話番号が記載されていても申込みの受付以外にしか利用できない場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

関連ページ

学生ローンの申し込みは給料明細などの収入証明なしでも大丈夫?
学生ローンの申し込みでは、基本的に給料明細などの収入証明なしでも大丈夫であり、必要ないことが通常となっています。
学生ローンはいつ営業しているの?営業時間が知りたい!
学生ローンは通常、月曜日〜土曜日に営業をしていて日曜日は休みになっているんです。営業時間については、平日なら10時〜18時、土曜日ならば10時〜15時というのが多くなっています。
大手の消費者金融のように学生ローンでも土日にお金借りれる?
土日には学生ローンでお金を借りれないのが基本となっています。振込みキャッシングによる借入れの方法がメインとなっているからです。ただし業者の店舗に来店できる場合は土曜日なら借入れ可能です。
他社借入があるけど学生ローンに申し込みしても大丈夫?
他社借入があるという理由だけで学生ローンでお金を借りれないということはありません。ただし、「総量規制」という法律があるため合計で年収の3分の1までしか借入れできないことになっているんです。
学生ローンでお金を借りれる年齢とは?未成年で借りたい場合
基本的には20歳以上が学生ローンを利用できる年齢となります。ただし一部では高卒以上の18歳や19歳でもお金を借りれる業者もあることは事実です。ただしその場合には保護者の同意が必須となります。
借入枠の増額や追加融資は学生ローンでも可能?
学生ローンで借入枠を増額したり、追加融資を利用することは可能です。ただし、それには一定期間しっかりと返済しているという実績が必要になり、その期間は通常で数カ月〜6カ月間と言われています。
学生ローンは留年すると利用できなくなる?
学生ローンは留年しても利用可能です。奨学金ならば利用は一旦停止となるところですが、コチラの場合は学生であり安定した収入があればキャッシング可能ですし、学業が不振であっても関係はありません。