学生ローン 借りる 手続き 流れ

学生ローンでお金を借りる時の手続きの流れ

学生ローンでお金を借りる場合には、ネット申し込みや来店・電話により申し込みすることから手続きが始まります。借入申込の手続きの流れは、利用する学生ローン業者によって異なる場合もあるようです。最終的には、どんな方法で申し込みしても、ほとんどの学生ローン会社では振り込みや店頭への来店でお金を借りる流れになります。

 

学生ローンで振り込みや店頭窓口でお金借りる時の流れを、ネット申し込みと来店・電話申し込みで解説します。

 

学生ローンにネット申し込みで手続きした後の流れ

学生ローンにネット申し込みする場合には、まず利用したい学生ローン業者のホームページから申込専用フォームを開く必要があります。必須となっている全ての項目に入力をして送信をするだけで、手続きは一旦終了となるのです。

 

学生ローンでネット申し込みをした後の手続きの流れは以下のようになります。

 

学生ローンにネット申し込みした後の手続きの流れ

 

  1. 学生ローン業者から確認・審査の電話が来る
  2. 必要書類を送付する
  3. 指定の口座への振込みキャッシング
  4. 契約書の発送と返送

 

 

1.学生ローン会社からの電話による確認・審査

インターネット申し込みが済むと、学生ローン会社から申し込みの確認と審査のために電話が来ます。申し込みの際に本人の指定した番号や時間帯に電話が来るので、自分の携帯電話の番号や都合の良い時間を指定しておけば親バレも安心ですよね。

 

申込み後に学生ローン会社から入る電話は、申し込みの確認をするだけでなく審査の目的もあります。実際にアルバイトで働いている時間など細かい内容が質問されるため、場合によっては1時間ほどの時間がかかる場合もあるでしょう。

 

学生ローンは在籍確認が実施されていないため、申込み後にかかってくる電話での聞き取りが重要となるのです。学生ローンからの借り入れが親にバレるのが心配な場合には周りに誰もいない場所で電話を受けるようにするべきですね。

 

2.必要書類を送付する

学生ローンで即日融資を受けたい場合には、申し込みをする時点で必要書類を手元に用意しておくと、手続きがスムーズに進みます。審査に通ることができると、学生ローン業者から必要書類を送付するように支持されることになるからです。

 

個人情報が金融業者に知られてしまうことに抵抗を感じるかも知れませんが、金融会社も相手の身元がはっきりと確認できないと融資ができません。学生ローン会社では利用者のプライバシー保護に努めているので、身分証明書の提出も安心です。(参考:カレッヂ「その他のご質問」

 

学生ローンの申し込みで必要となる書類は以下のようなものです。

 

学生ローンの申し込みに必要なもの

  • 学生証(必須)
  • 運転免許証・健康保険証・住民票などから最低1点
  • キャッシュカード(業者により必要)

 

学生証はどこの学生ローン業者でキャッシングする場合にも必要となりますが、その他に最低でも1点の身分証明書類が必要になることが多いので、詳しくはホームページで確認しましょう。

 

必要書類を送付するやり方については、学生証やその他の身分証明書をコピーしてFAXで送信したり、スキャナーや携帯カメラを利用して作成した画像ファイルをメールに添付する方法があります。

 

来店が可能ならば、直接店頭に必要書類を持ち込むという方法もあるでしょう。

 

3.指定口座への振込みキャッシング

学生ローンは振込キャッシングでお金を借りるのが基本となっています。平日の午後2時頃までに契約が完了すれば即日でお金を借りることも可能でしょう。どうしても今日中にお金を借りたい場合には、来店可能であれば手渡しでの借入れも利用できます。

 

学生ローンで振込キャッシングを利用したい場合には、提出する必要なものと一緒に振込み口座の用意も必要になります。本人名義の銀行口座がない場合には、振り込みでお金を借りることができません。即日融資が希望の場合には、可能であれば来店でお金を借りることがおすすめとなります。

 

4.契約書類の発送と返送

ほとんどの学生ローン会社では、契約書類の発送を融資の後で行ってくれています。今すぐ即日でお金を借りたい場合には、契約書類の郵送を持っている時間がないからです。学生ローンを学生が便利に利用できるように便宜を図っていますので、契約書類の取交しを行う前に融資を受けることが可能になっています。

 

学生ローンで振り込みキャッシングを受けるのと同時に契約書類が郵送されてきますので、必要な項目に記入をして返送する必要があります。金融会社から書類が自宅に郵送されると、学生ローンからの借金が親バレするかも知れないし困るという場合には、社名を伏せて郵送してもらうことも可能です。郵便物の送付について事前に相談しておくことをおすすめします。

 

ただし、どうしても郵送は困るという場合には、可能であれば学生ローンの店舗に来店して契約することで書類の郵送を避けることができます。

 

来店や電話で申し込みする場合の手続きの流れ

学生ローンに申し込みするならば、はやりインターネットを利用する方が便利ですし早いのですが、来店や電話でも申し込み可能な業者も多いです。

 

学生ローンの店舗への来店が可能な地域に住んでいれば、店頭で申し込みから現金手渡しによる借入れ・契約手続きまで全ての手続きを済ませることができます。来店が難しい場合には、ネット申し込み以外にも電話による申し込みが可能な業者も多く存在していますが、例えば学生ローンのアミーゴのように電話申込みに対応していない業者もあるため要注意です。(参考:アミーゴ「よくある質問」

 

来店で申し込みする場合には、その場で審査や契約手続きが行われるため、必要書類を持参のうえ来店する必要があります。二度手間になることのないように、事前に申し込みに必要なものを確認して来店することがおすすめです。

 

電話申込みの場合には、「契約事前説明及び同意書」の確認が必要となるため、まず初めに電話申込み専用のフォームで必要な項目に入力して送信する必要があるのです(参考:キャンパス「よくある質問と回答」。学生ローン会社に申し込みフォームを送信した後、電話をかけて申込み手続きを進めていく流れとなります。

 

学生ローンの申し込み前にやっておきたい事とは

学生ローンに借入申込の手続きをする前に、是非おすすめしたいやっておくべきことがあるのです。

 

学生ローンの借入申込をする前にやっておきたいこと

  • 申し込みが可能かを自己診断できるツール「クイック診断」の利用
  • 返済シミュレーションで返済可能な金額を試算する

 

学生ローンに借入れの申し込みをする際に、自分でも申込みすることができるのか、どのくらいの金額までなら返済が可能かを確認した上で、申込みフォームに入力して行くことが大事となるのです。学生ローンのHPで用意されている「クイック診断」の利用が、信用情報機関に登録されることはありません。何度でも借入可能かを試してみることができるので安心です。

 

返済可能な金額を知ることは、申込みフォームに入力する「借入希望額」をどのくらいの金額にするかの判断に関係してきます。返済できる範囲での借入金額を希望することは、審査に通るためにも重要となるからです。

関連ページ

学生ローンの申し込みは給料明細などの収入証明なしでも大丈夫?
学生ローンの申し込みでは、基本的に給料明細などの収入証明なしでも大丈夫であり、必要ないことが通常となっています。
学生ローンはいつ営業しているの?営業時間が知りたい!
学生ローンは通常、月曜日〜土曜日に営業をしていて日曜日は休みになっているんです。営業時間については、平日なら10時〜18時、土曜日ならば10時〜15時というのが多くなっています。
学生ローンも大手の消費者金融のように土日祝日にお金借りれる?
土日には学生ローンでお金を借りれないのが基本となっています。振込みキャッシングによる借入れの方法がメインとなっているからです。ただし業者の店舗に来店できる場合は土曜日なら借入れ可能です。
他社借入があるけど学生ローンに申し込みしても大丈夫?
他社借入があるという理由だけで学生ローンでお金を借りれないということはありません。ただし、「総量規制」という法律があるため合計で年収の3分の1までしか借入れできないことになっているんです。
学生ローンでお金を借りれる年齢とは?未成年可の所はあるの?
基本的には20歳以上が学生ローンを利用できる年齢となります。ただし一部では高卒以上の18歳や19歳でもお金を借りれる業者もあることは事実です。ただしその場合には保護者の同意が必須となります。
借入枠の増額や追加融資は学生ローンでも可能?
学生ローンで借入枠を増額したり、追加融資を利用することは可能です。ただし、それには一定期間しっかりと返済しているという実績が必要になり、その期間は通常で数カ月〜6カ月間と言われています。
学生ローンは留年すると利用できなくなる?
学生ローンは留年しても利用可能です。奨学金ならば利用は一旦停止となるところですが、コチラの場合は学生であり安定した収入があればキャッシング可能ですし、学業が不振であっても関係はありません。