学生ローン 他社借入

他社借入があるけど学生ローンに申し込みしても大丈夫?

学生ローンは、他社からの借り入れがあるという理由だけでお金を借りれないということはありません。ただし、「総量規制」という法律があるため合計で年収の3分の1までしか借入れできないことになっているんです。(参考:日本貸金業協会「総量規制とは」

 

学生ローンを利用する前に、現在の借入れの合計額を確認してから申し込みすることが大事となります。借入れの件数や金額で嘘をついても、業者が信用情報を照会する際に一瞬でバレることなので、この点については特に正直に申告する必要があるんです。

 

学生ローン業者も総量規制のルールは厳守している

学生ローン業者は消費者金融の1つであるため、貸金業法に沿って融資を行っています。そのために「総量規制」という年収の3分の1までの借入れ制限に抵触しない営業をしているため、他社借入額の合計が既に上限まで達している場合には審査に通ることができません。

 

例えば、年収60万円のアルバイト学生が借りれる金額は総額で20万円以下ということになります。新規で申し込みをする時点で既に他社借入れの合計額が20万円に達している場合には、これ以上の借入れは無理なので申し込みを断られることになるのです。

 

5万円しか借りていなければ、15万円以下なら新たに借りれる可能性はあります。他社からの借り入れで残高のある人が新たなキャッシング申し込みをする場合には、注意が必要となるのです。

 

銀行は総量規制の対象外

貸金業者でのキャッシングで他社借入の金額が重要視される総量規制という法律は、銀行でお金を借りる場合には対象外となりますので、年収と他社借入の金額に関係なく借り入れすることが可能です。(参考:みんなのカードローンレポート「銀行カードローンは総量規制対象外!」

 

銀行業法ではこのような借入れを制限する法律がありませんし、また総量規制は貸金業法に沿って営業をする貸金業者を対象にして作られた法律だからです。

 

他社借入の金額が総量規制の上限に達しているという学生は、厳しい審査結果となる可能性もありますが、必要なお金が少額ならば銀行カードローンに借入れの申し込みをしてみるという方法もまだ残されています。

 

ただし、近頃は大手の銀行カードローンで即日融資や総量規制の自主規制や導入をしています。銀行のサービスであっても借入総額を年収の3分の1までとし、即日融資をやめて最短でも翌日の融資としているのです。総量規制の対象外とされている銀行のローンであっても、申し込みをする場合には確認が必要になります。(参考:カードローンLABO「【2018新情報】総量規制対象外のカードローン即日融資は可能?大手銀行に聞いた最新の審査&融資スピード」

 

学生ローンでも他社から借り入れについての嘘はすぐにバレる!

学生ローンの申し込みでの他社からの借り入れについての嘘は、とても早い段階で必ずバレることになります。申し込みの際に記入する他社借入の項目に入力する際に、どこからもお金を借りていない場合には「0件、0円」と堂々と申告することができますが、他社からの借り入れがある場合には一瞬どうしたらいいのかと悩むこともあるでしょう。

 

正規の貸金業者なら必ず申し込みをする人の信用情報を確認します。個人信用情報機関とという所に照会をすると、その人の借入れの状況を知ることができるシステムとなっているのです。

 

個人信用情報機関への照会で分かるのは次のようなことです。

 

個人信用情報機関への照会で分かること

  • 申し込みの状況
  • 借入れの状況
  • 返済の状況

 

借入申込を受けた金融機関では信用情報を照会することになりますが、借入れの状況だけでなく申し込みや返済の状況も知ることができます。他社から借り入れの他にもブラックの状況であればその事実も同時に発覚することになります。

 

金融機関は利用者にお金を融資する前に必ず信用情報を確認するため、学生ローンの申し込みでも他社から借り入れについては嘘がつけないことになるのです。嘘をついてもすぐにバレるわけですから、初めから正直に申告する方が誠実な学生であることをアピールできるでしょう。

 

嘘をつく人であると判断されると、お金を貸してもきちんと返済してくれない危険性があると判断されてしまい、審査では非常に不利になってしまうのです。

関連ページ

学生ローンでお金を借りる時の手続きの流れとは?
まず学生ローン業者にインターネットや電話・来店により申し込みをすることから始まり、その後は電話での審査・必要書類の送付が済むと、口座への振り込みや手渡しでの借入れというのが手続きの流れとなります。
学生ローンの申し込みは給料明細などの収入証明なしでも大丈夫?
学生ローンの申し込みでは、基本的に給料明細などの収入証明なしでも大丈夫であり、必要ないことが通常となっています。
学生ローンはいつ営業しているの?営業時間が知りたい!
学生ローンは通常、月曜日〜土曜日に営業をしていて日曜日は休みになっているんです。営業時間については、平日なら10時〜18時、土曜日ならば10時〜15時というのが多くなっています。
学生ローンも大手の消費者金融のように土日祝日にお金借りれる?
土日には学生ローンでお金を借りれないのが基本となっています。振込みキャッシングによる借入れの方法がメインとなっているからです。ただし業者の店舗に来店できる場合は土曜日なら借入れ可能です。
学生ローンでお金を借りれる年齢とは?未成年可の所はあるの?
基本的には20歳以上が学生ローンを利用できる年齢となります。ただし一部では高卒以上の18歳や19歳でもお金を借りれる業者もあることは事実です。ただしその場合には保護者の同意が必須となります。
借入枠の増額や追加融資は学生ローンでも可能?
学生ローンで借入枠を増額したり、追加融資を利用することは可能です。ただし、それには一定期間しっかりと返済しているという実績が必要になり、その期間は通常で数カ月〜6カ月間と言われています。
学生ローンは留年すると利用できなくなる?
学生ローンは留年しても利用可能です。奨学金ならば利用は一旦停止となるところですが、コチラの場合は学生であり安定した収入があればキャッシング可能ですし、学業が不振であっても関係はありません。