学生ローン 収入証明書なし

学生ローンの申し込みは給料明細などの収入証明なしでも大丈夫?

学生ローンの申し込みでは、どんな書類の用意が必要になるのか疑問に思うことでしょう。学生証ならばいつでも手元にある場合も多いと思いますが、アルバイトの給料明細書なども必要になるのか心配になる学生さんもいると思います。

 

今すぐお金を借りたい時に、収入証明書をすぐに用意することができないと困ってしまいますよね。例えば学生ローンから3万円借りたいという時にも、給料明細書などの収入証明は必要になるのでしょうか。

 

学生ローンなら給料明細を用意しなくても大丈夫!

学生ローンに申し込みする時には、提出を求められる一定の必要書類があるのですが、給料明細の用意はしなくても大丈夫です。50万円を超えない借入れであることで、業者は法律的にも収入証明なしで融資することができるからです。

 

法律では、貸金業法で収入証明なしでも申し込みができる条件を次のように定めているのです。

 

学生ローンに収入証明書なしで申し込みができる場合

  • 借入れの金額が50万円を超えない場合
  • 他の貸金業者での借入れとの合計額で100万円を超えない場合
(参考:日本貸金業協会「総量規制」

 

もちろん、他社との借入れが既にあって、新たな申し込みをすることにより借入残高が100万円を超えてしまう場合には給料明細や源泉徴収票などの収入証明書類が必要になりますが、学生が該当するケースは少ないと言えるでしょう。

 

大手のキャッシングサービスなら場合により収入証明が必要

学生ローンでは50万円以下の利用ならば収入証明なしで借入れできるのが普通です。大手のキャッシングサービスの場合では、「安定収入」についての基準が比較的厳しい状況になっています。少しでも不安を感じた時には、収入を証明するための「必要書類の提出」を求めることもあるでしょう。

 

同じ消費者金融の業者であっても、学生ローンの場合では学生の利用のしやすさを重視していますので、不便や面倒と感じるようなことは極力避けたいという考えがあるのです。余計な書類の提出は求めず、迅速に簡単に融資を行うシステムを整えているため、通常の消費者金融よりも学生ローンの方が気楽に申し込みできるサービスと言えるでしょう。

 

学生が50万円を超える借入れが難しい理由

学生ローンの利用限度額の上限は軒並み50万円となっています。実際に条件の良い学生ならば50万円という金額も増額申請により可能になる場合もあるでしょう。(参考:学生ローンまるわかり「学生ローンの限度額(上限)はいくらまで?」

 

ですが、一般的には学生の50万円を超える借入れは以下の理由により難しいと言われているんです。

 

学生の50万円を超える借入れが難しい理由

 

  • 年収の3分の1までしか借りれない(総量規制による借入れ総額の上限)
  • 収入証明なしでお金を借りれなくなる
  • 審査の基準が厳しくなる

 

このような3つの理由が考えられるのですが、以下で具体的に説明していきます。

 

年収の3分の1までしか借りれない(総量規制による借入れ総額の上限)

貸金業者である学生ローン業者は、当然ながら貸金業法にある総量規制という法律を守って融資をする必要があるんです。年収に対して3分の1にあたる金額までしか借りれないという法律であるため、業者でも学生の年収に応じて借入れ可能な金額を決定することとなります。

 

50万円を借りるには150万円の収入が必要になりますし、その場合には毎月12万5千円のアルバイト給料があることになり、普通の学生が学校に通いながら稼ぐのは簡単ではない金額と言えるでしょう。

 

収入証明なしではお金を借りれなくなる

実際にはおすすめできないことですが、50万円までならば収入証明なしでお金が借りれることを利用し、嘘の年収を申告する人もいるようです。在籍確認がないため嘘がバレないことが多いということで、実際の収入よりも多い金額を申告して、少しでも多くのお金を借りようとする場合もあるでしょう。

 

ですが、50万円を超える場合には収入証明なしでは申し込みができないため、給料明細や源泉徴収票の提出を求められると嘘がバレることになります。そのため、高額の借入れを希望できないということもあるようです。

 

審査の基準が厳しくなる

学生ローンの審査基準は甘い・緩いと言われているため、50万円までの利用ならば特に審査が厳しいと感じることはないかも知れません。ただし、50万円を超える借入れが希望となれば、これまでと同じ基準で審査をする訳にはいかなくなります。

 

当然、収入を証明する書類の提出も必要となりますし、通常は実施していない在籍確認も行う可能性があります。つまり、安定収入に関する基準が厳しくなるため、学生が高額のキャッシングを利用することは容易ではないと言えるのです。

関連ページ

学生ローンでお金を借りる時の手続きの流れとは?
まず学生ローン業者にインターネットや電話・来店により申し込みをすることから始まり、その後は電話での審査・必要書類の送付が済むと、口座への振り込みや手渡しでの借入れというのが手続きの流れとなります。
学生ローンはいつ営業しているの?営業時間が知りたい!
学生ローンは通常、月曜日〜土曜日に営業をしていて日曜日は休みになっているんです。営業時間については、平日なら10時〜18時、土曜日ならば10時〜15時というのが多くなっています。
学生ローンも大手の消費者金融のように土日祝日にお金借りれる?
土日には学生ローンでお金を借りれないのが基本となっています。振込みキャッシングによる借入れの方法がメインとなっているからです。ただし業者の店舗に来店できる場合は土曜日なら借入れ可能です。
他社借入があるけど学生ローンに申し込みしても大丈夫?
他社借入があるという理由だけで学生ローンでお金を借りれないということはありません。ただし、「総量規制」という法律があるため合計で年収の3分の1までしか借入れできないことになっているんです。
学生ローンでお金を借りれる年齢とは?未成年可の所はあるの?
基本的には20歳以上が学生ローンを利用できる年齢となります。ただし一部では高卒以上の18歳や19歳でもお金を借りれる業者もあることは事実です。ただしその場合には保護者の同意が必須となります。
借入枠の増額や追加融資は学生ローンでも可能?
学生ローンで借入枠を増額したり、追加融資を利用することは可能です。ただし、それには一定期間しっかりと返済しているという実績が必要になり、その期間は通常で数カ月〜6カ月間と言われています。
学生ローンは留年すると利用できなくなる?
学生ローンは留年しても利用可能です。奨学金ならば利用は一旦停止となるところですが、コチラの場合は学生であり安定した収入があればキャッシング可能ですし、学業が不振であっても関係はありません。