学生ローン 年齢 未成年

学生ローンでお金を借りれる年齢とは?未成年は?

基本的には20歳以上が学生ローンを利用できる年齢となります。ただし一部では高卒以上の18歳や19歳でもお金を借りれる業者もあることは事実です。ただしその場合には保護者の同意が必須となります。

 

親バレが心配ならば20歳になってからの申し込みがおすすめとなりますし、業者が未成年にお金を貸さない理由には法律が関係しているため、親に内緒でお金を借りることは不可能です。また、逆にどのくらいの年齢まで利用できるかと言えば、特に決まりがない業者が多くなっています。

 

学生ローンを利用できる年齢の決まりについてはこうなります。

  • 利用できる上限の年齢:学生であれば特に決まりはない
  • 利用できる下限の年齢:20歳以上(業者によっては18歳以上で利用可能)

コチラでは学生ローンの利用ができる下限と上限の年齢について解説していきます。

 

学生ならば利用できる上限の年齢には特に決まりがない

学生であれば学生ローンを利用できる上限の年齢には特に決まりがありません。ただし高齢の場合には問題が出てしまう場合もありますが、それ以外の年齢ならば基本的に利用可能です。

 

ただし、一部の業者では34歳までといった既定のある場合もありますが、年齢制限が理由で利用できない場合には、他の業者を利用するようにしましょう。特に上限の年齢制限を設けていない学生ローン業者は多いので、充分に借入れができる可能性はあります。

 

学生の時に利用していた業者なら社会人でも借りれる

学生を専門としている貸金業者であっても、卒業後の利用もできるようになっている場合が多いです。そのため現在は学生ではなく社会人であっても、同じ業者からなら利用が可能になります。

 

更に学生の時と同じ金利や在籍確認なしでの利用が可能なので、街金でお金を借りるよりも便利な場合もありますし、一部の学生ローンでは新規での申し込みにも学生と同じシステムで利用できる場合もあるのです。

 

学生ローンを利用できる下限の年齢は20歳以上が普通

学生ローンを利用するには上限の年齢制限は特にありませんが、下限については基本的に「20歳以上である」という明確な基準があるのが普通です。

 

その理由は「民法による規定」にあり、未成年者の法律行為については親の承諾が必要であり、単独での契約を行うことを禁止されています。

 

もし、18歳や19歳などの未成年に保護者の承諾なしにお金を貸した場合、金融機関ではこのようなリスクを背負うことになるのです。

  • 子供が内緒でキャッシングしたことを知った親は、一方的に契約を無効にすることができる
  • 未成年者が既に使ってしまった金額の返済義務はない

このような法律があるため、どの金融機関も保護者の承諾なしにはお金を貸さないのが基本であり、それ以前に20歳未満のキャッシングの取扱い自体していない場合の方が多くなっているのです。

 

一部では18歳や19歳も利用可能

20歳未満の利用は受付けしていない業者が多い中、一部の学生ローン業者では18歳や19歳の学生(高校生は不可)にも保護者の承諾を得ることを条件に利用可能としています。

 

この場合には書面でなく親に電話をかけて直接同意を得る場合もありますので、嘘の承諾書を作成して親に内緒でキャッシングすることは難しいです。また20歳であると嘘をついて契約を結んだ場合には、簡単に契約を取消しすることができなくなります。

関連ページ

学生ローンでお金を借りる時の手続きのやり方とは?
まず学生ローン業者にインターネットや電話・来店により申し込みをすることから始まり、その後は電話での審査・必要書類の送付が済むと、口座への振り込みや手渡しでの借入れというのが手続きのやり方となります。
学生ローンの申し込みは給料明細などの収入証明なしでも大丈夫?
学生ローンの申し込みでは、基本的に給料明細などの収入証明なしでも大丈夫であり、必要ないことが通常となっています。
学生ローンはいつ営業しているの?営業時間が知りたい!
学生ローンは通常、月曜日〜土曜日に営業をしていて日曜日は休みになっているんです。営業時間については、平日なら10時〜18時、土曜日ならば10時〜15時というのが多くなっています。
大手の消費者金融のように学生ローンでも土日にお金借りれる?
土日には学生ローンでお金を借りれないのが基本となっています。振込みキャッシングによる借入れの方法がメインとなっているからです。ただし業者の店舗に来店できる場合は土曜日なら借入れ可能です。
他社借入があるけど学生ローンに申し込みしても大丈夫?
他社借入があるという理由だけで学生ローンでお金を借りれないということはありません。ただし、「総量規制」という法律があるため合計で年収の3分の1までしか借入れできないことになっているんです。
借入枠の増額や追加融資は学生ローンでも可能?
学生ローンで借入枠を増額したり、追加融資を利用することは可能です。ただし、それには一定期間しっかりと返済しているという実績が必要になり、その期間は通常で数カ月〜6カ月間と言われています。
学生ローンは留年すると利用できなくなる?
学生ローンは留年しても利用可能です。奨学金ならば利用は一旦停止となるところですが、コチラの場合は学生であり安定した収入があればキャッシング可能ですし、学業が不振であっても関係はありません。