学生ローン 営業時間

学生ローンはいつ営業しているの?営業時間が知りたい!

学生ローンは通常、月曜日〜土曜日に営業をしていて日曜日は休みになっているんです。営業時間については、平日なら10時〜18時、土曜日ならば10時〜15時というのが多くなっています。

 

ただし、営業日や営業時間が気になるのは、即日融資を希望する時くらいかも知れませんね。申し込みだけならば、インターネットで行うのが一般的となっているからです。

 

学生ローンはいつ利用できる?営業日や営業時間は?

学生ローンを利用できるのは基本的に次のような時となっています。

  • 平日(月曜日〜金曜日):10時〜18時
  • 土曜日:10時〜15時(17時などの業者もある)

ただし、学生ローンでも一部でカードを発行している業者があり、その場合ならば店舗内にあるATMを利用することで23時までキャッシングや返済ができるというケースもあるんです。

 

営業時間は大手のサービスの方が長い

営業時間が長いのは学生ローンよりも大手のサービスの方であり、即日融資を希望しているのに地方に住んでいて来店では借りれない、振込みキャッシングにも間に合わないという悪条件が重なってしまった場合には、ダメ元で大手に申し込みしてみるのもおすすめです。

 

大手ならば自動契約機が用意されているので、カードローンの専用カードを平日の6時以降や土日であっても午後10時くらいまで当日発行できる可能性があります。

 

一定の収入があり20歳以上ならば、人気のカードローン業者であってもキャッシング可能ですし、銀行の審査よりは柔軟になっているので、申し込みをしてみる価値はあるでしょう。

 

申し込みだけなら24時間365日利用できる

学生ローンもインターネットでの申し込みができるので、24時間365日いつでも申し込み可能です。ホームページから申込みフォームに必要な項目を入力して送信するだけで手続きが終わるので、曜日や時間を問われません。

 

自分の都合の良い曜日や時間帯にいつでも申し込みできるということは、大手のサービスと同様であり、その点では業者の規模に限らず便利になっているんです。

 

即日融資でお金借りたいなら平日の2時までに手続き完了を!

インターネットを利用すれば曜日や時間に関係なく申し込みできます。ただし、審査は業者の営業時間内のみとなり、さらに即日の振込みキャッシングについては平日の2時くらいまでに手続きが完了している方が安心なので、即日融資でお金借りたい時には早めに申し込みをする必要があるんです。

 

また、それ以降の時間帯や土日や祝日の申し込みは翌営業日以降の受付となってしまうので、重ねて注意が必要となります。

 

と言うことで、要するに即日融資が希望ならば平日の午前10時までにネットで申し込みを済ませ、なるべく早く審査に通過することがおすすめとなるのです。

関連ページ

学生ローンでお金を借りる時の手続きのやり方とは?
まず学生ローン業者にインターネットや電話・来店により申し込みをすることから始まり、その後は電話での審査・必要書類の送付が済むと、口座への振り込みや手渡しでの借入れというのが手続きのやり方となります。
学生ローンの申し込みは給料明細などの収入証明なしでも大丈夫?
学生ローンの申し込みでは、基本的に給料明細などの収入証明なしでも大丈夫であり、必要ないことが通常となっています。
大手の消費者金融のように学生ローンでも土日にお金借りれる?
土日には学生ローンでお金を借りれないのが基本となっています。振込みキャッシングによる借入れの方法がメインとなっているからです。ただし業者の店舗に来店できる場合は土曜日なら借入れ可能です。
他社借入があるけど学生ローンに申し込みしても大丈夫?
他社借入があるという理由だけで学生ローンでお金を借りれないということはありません。ただし、「総量規制」という法律があるため合計で年収の3分の1までしか借入れできないことになっているんです。
学生ローンでお金を借りれる年齢とは?未成年で借りたい場合
基本的には20歳以上が学生ローンを利用できる年齢となります。ただし一部では高卒以上の18歳や19歳でもお金を借りれる業者もあることは事実です。ただしその場合には保護者の同意が必須となります。
借入枠の増額や追加融資は学生ローンでも可能?
学生ローンで借入枠を増額したり、追加融資を利用することは可能です。ただし、それには一定期間しっかりと返済しているという実績が必要になり、その期間は通常で数カ月〜6カ月間と言われています。
学生ローンは留年すると利用できなくなる?
学生ローンは留年しても利用可能です。奨学金ならば利用は一旦停止となるところですが、コチラの場合は学生であり安定した収入があればキャッシング可能ですし、学業が不振であっても関係はありません。