学生ローン 土日

大手の消費者金融のように学生ローンでも土日にお金借りれる?

土日には学生ローンでお金を借りれないのが基本となっています。振込みキャッシングによる借入れの方法がメインとなっているからです。ただし業者の店舗に来店できる場合は土曜日なら借入れ可能です。

 

残念ながら地方に住んでいる学生さんの場合には、来店してお金を借りることは現実的ではないため、振り込みによる借入れのみとなり、その場合ですと土日や祝日が休業日となっている銀行からの振り込みは無理なので、当然ですが平日しかお金を借りれないことになります。

 

土日は銀行が開いていない!学生ローンは振り込みが基本という事実

学生ローン業者は、多くが振り込みによる融資を基本としているんです。そのため銀行が開いていない土日や祝日などの休日に振り込みで融資をすることができません。この点ではどうしても不便で感じてしまうポイントと言えるでしょう。

 

これが大手の消費者金融ならば、全く違う結果になる場合も多いんです。

  • カードを利用して土日や祝日でも提携ATMやコンビニのATMでも利用可能
  • 一部の大手では土日や祝日でも特定の銀行口座を持っていることで振込みキャッシングが可能

このようなことも可能になる有名なキャッシングサービスと比べると、やはり規模の大きさの違いを感じてしまうことでしょう。

 

学生ローンの場合は土曜日や日曜日に申し込みした場合、月曜日以降の振り込みとなってしまうため、土日や祝日に急にまとまった資金が必要になった場合、振込みキャッシングではお金を借りれないことになるのです。

 

土曜日の学生ローンキャッシング、来店できるなら即日借入れも可!

日曜日や祝日はどこも営業をしていないものの、土曜日ならば普通に営業している学生ローン業者ですが、どうしてもお金を借りたいならば、来店して店頭の窓口で直接手渡しでお金を借りるしか方法がないのが現状となっています。

 

そのため、地方に住んでいる学生は土曜日(勿論、日曜日・祭日も)に学生ローンでお金を借りることは無理ということになるでしょう。
学生ローンは高田馬場に集中して店舗を構えているため、東京周辺に住んでいないと来店してお金を借りることができないからです。

 

それでも業者の店舗に来店できる所に住んでいるからと言って油断はできません。業者によっては土曜日の営業時間を午後3時や5時までとしている場合が多く、平日よりも営業時間が短くなっているからです。

 

この場合でも営業時間までに契約が完了していることが即日融資の条件となりますので、まずはインターネット申し込みにより朝一番で手続きを済ませておくのがおすすめとなります。

関連ページ

学生ローンでお金を借りる時の手続きのやり方とは?
まず学生ローン業者にインターネットや電話・来店により申し込みをすることから始まり、その後は電話での審査・必要書類の送付が済むと、口座への振り込みや手渡しでの借入れというのが手続きのやり方となります。
学生ローンの申し込みは給料明細などの収入証明なしでも大丈夫?
学生ローンの申し込みでは、基本的に給料明細などの収入証明なしでも大丈夫であり、必要ないことが通常となっています。
学生ローンはいつ営業しているの?営業時間が知りたい!
学生ローンは通常、月曜日〜土曜日に営業をしていて日曜日は休みになっているんです。営業時間については、平日なら10時〜18時、土曜日ならば10時〜15時というのが多くなっています。
他社借入があるけど学生ローンに申し込みしても大丈夫?
他社借入があるという理由だけで学生ローンでお金を借りれないということはありません。ただし、「総量規制」という法律があるため合計で年収の3分の1までしか借入れできないことになっているんです。
学生ローンでお金を借りれる年齢とは?未成年で借りたい場合
基本的には20歳以上が学生ローンを利用できる年齢となります。ただし一部では高卒以上の18歳や19歳でもお金を借りれる業者もあることは事実です。ただしその場合には保護者の同意が必須となります。
借入枠の増額や追加融資は学生ローンでも可能?
学生ローンで借入枠を増額したり、追加融資を利用することは可能です。ただし、それには一定期間しっかりと返済しているという実績が必要になり、その期間は通常で数カ月〜6カ月間と言われています。
学生ローンは留年すると利用できなくなる?
学生ローンは留年しても利用可能です。奨学金ならば利用は一旦停止となるところですが、コチラの場合は学生であり安定した収入があればキャッシング可能ですし、学業が不振であっても関係はありません。