学生ローン 返済期間

返済期間は学生ローンの場合だと長くなっているの?

学生ローンの返済期間は特に長いという訳でもなく、最大で5年間となっていることから大手消費者金融と比較しても同じくらいの期間ですし、一般的な長さとなるでしょう。

 

とは言え、基本的には5年間あれば借り過ぎさえ注意していれば余裕を持って返済できる返済期間であると言えるでしょう。

 

ただし、だからと言って余りにもゆっくり返済していると、支払う利息の金額を当初の予定よりも大幅に増やしてしまう危険性もあるので、計画的な返済が必要ですよ。

 

基本的には5年間が学生ローンの返済期間となっている

学生ローンの返済期間については、5年間となっている業者が殆どであることから、基本的には5年間が学生ローンの返済期間であると理解して良いでしょう。

 

返済回数は「12ヶ月×5年間=60ヶ月」ということで、1ヶ月に1回の返済が必要なため60回払いとなるわけですが、この期間の中でどうやって返済をして行くかにより、毎月の返済額や完済までの期間が違ってきます。

 

ここでおさえておきたいのが、少しでも早く返済をすることができれば(返済期間が短ければ)、支払う利子を少なくできるということです。

 

返済のやり方は業者により異なる

学生ローンの返済のやり方は業者により2つのタイプがあります。

  1. 毎月1回、元金と利子を合わせた一定額の返済が必要
  2. 毎月1回、利子の支払いができればOK

返済のやり方としてどちらのタイプの方が多いかは一概には言えませんが、それぞれにはメリットがあればデメリットもあるようです。

 

毎月1回、元金と利子を合わせた一定額の返済が必要

学生ローンで借りた元金の一部を1ヶ月分の利子と一緒に毎月返済していくやり方は、銀行カードローンや消費者金融と同様の「リボルビング払い」ということになります。

 

この返済方法のメリットは、毎月一定額の返済を求められるため計画的に借入元金を減らして行けるということです。この方法で毎月返済していけるのならば、5年間もの長い返済期間は必要ないかも知れません。

 

返済期日を守って毎月きちんと振り込みや来店などで返済して行けば、確実に借入残高は減っていきますので、安心して返済して行ってくださいね。

 

ただし、毎月の返済額は借入元金により予め決められていることが多く、それにより返済期間についても自分の都合では決められないというデメリットもあるため、その点では不便に感じてしまうかも知れません。

 

毎月1回利子の支払いができればOK

リボルビング払いにより毎月一定額を返済をする方法に対し、こちらは毎月1回、利子の支払いをすることができればOKという返済のやり方となります。

 

利息計算式については、「借入残高×実質年率÷365日×利用日数」となり、初めて利子を支払う場合には借入れた日の翌日から返済日当日までの日数が利用日数となるのです。

 

もちろん利子と一緒に支払い可能な金額を元金返済分として支払うことは大事ですし、利子だけを支払っていたのではいつになっても借入残高を減らすことができませんよね。

 

この方法ならば毎月の返済額を自分の都合で決められるというメリットもあるため、マイペースで返済していきたいという学生さんにおすすめの返済のやりかたと言えるでしょう。

 

利息を節約したいなら少しでも早い返済がおすすめ!

学生ローン業者に支払う利息を節約する方法で最もおすすめしたいのが、「早期の返済」ということになります。

 

確かに返済期間は最長5年間となっていますが、例えば10万円借りて5年間をかけて返済する場合、金利が17.0%とすると毎月の返済額は約2,500円という少ない金額で済みますが、利子がなんと「約5万円」も付くことになるんです。

 

もちろん、リボルビング方式での返済ならば毎月の返済額が予め決められているため、少額の借入れで5年間もの返済期間が必要になることはありません。

 

それでも、長期間に渡って返済をするということは、このように借入元金の50%もの利息を発生させてしまうような大きなリスクを生むことにもなるのです。

 

このようなリスクを回避するためには、最も借入残高の多い第一回目の返済からできるだけ多くの金額を支払っていくこと、また余裕資金がある時には繰上げ返済により借入残高の一部もしくは全額返済を行い、積極的に元金を減らしていくことが大事となります。

関連ページ

返済方法は学生ローンの場合どうなってるの?
返済方法については、学生ローンの場合だと基本的には振り込みとなっています。また来店できる人ならば店頭返済も可能ですし、現金書留で返済可能な所もあるようです。
学生ローンの返済を遅延・延滞・滞納するとどうなる?
お金を借りて学生ローン業者に返済期日まで支払ができない場合、遅延や延滞・滞納ということになり、遅延損害金が発生する上に信用情報にキズがつくことにもなるのです。