学生ローン 返済方法

返済方法は学生ローンの場合どうなってるの?

返済方法については、学生ローンの場合だと基本的には振り込みとなっています。また来店できる人ならば店頭返済も可能ですし、現金書留で返済可能な所もあるようです。
これは学生ローン業者が東京のみ(主に高田馬場)に店舗を置いているため、来店できない所に住んでいる人が圧倒的に多いという現実があり、そんな学生にも利用できるようなシステムを整えているからです。

 

学生ローンの返済方法で基本のやり方は?

学生ローンで借りたお金の返済をしたい場合、基本的には振り込みによる方法がそのやり方となっています。

 

それは高田馬場をメインとして東京都内にしかない学生ローンを地方に住んでいる学生にも利用してもらいたいという業者の狙いがあるためです。振り込みならば業者の事務所まで行かなくても返済ができますし、もちろん借入れの場合でも同じことが言えます。

 

銀行カードローンや大手の消費者金融ならば他にも返済方法が用意されています。

  • カードを利用して提携ATM(銀行やコンビニなどのATM)から返済
  • 口座引落し
  • 振り込み
  • 店頭窓口

このように一般的なキャッシングサービスならば多くの返済方法が用意されているんです。

 

ただし、一部学生ローンでも銀行引落しに対応している所もあるようですが、すぐには利用できないシステムとなっているため不便な点もありますし、学生ローンの返済方法が少ないということには変わりはありません。。

 

学生ローンの返済はいつ振り込みしたらいいの?

学生ローンの返済期日は他のサービスよりも自由に設定できることが多いため、ある程度は自分のアルバイトの給料日などに合わせてくれる業者もあるんです。

 

それが無理でも業者が指定している返済期日の中から都合の良い日を選ぶようになっている所もあります。例えば、毎月10日・20日・月末などといった感じです。

 

振り込みで返済する時に注意したいのが、当日扱いで振り込みがされるかということです。確かに学生ローン業者では7日間までの返済の遅れは遅延扱いにしないという所もあります。

 

それでも、1日でも返済が遅れると心配な場合には余裕を持って振り込みをすることが大事ですし、おすすめですよ。

 

返済のやり方には振り込みの他にも来店や現金書留がある

学生ローンの返済方法と言えば振り込みがメインとなるのですが、業者によっては来店して返済できる所もありますし、現金書留が利用できる場合もあるんです。

 

そのため、振り込みを含めると3つの返済のやり方があることになりますが、東京周辺以外の地域に住んでいる場合には、振り込みか現金書留という選択肢になりますね。

 

どちらが便利な返済方法かと言えば、やはりインターネットバンキングでも返済ができる振り込みの方となるでしょうね。

 

来店以外の返済では手数料も気になる!

来店して返済する場合をのぞき、借りたお金を返すだけでも手数料がかかってしまうのはデメリットと言えるでしょう。

 

それでは、振り込みと現金書留で返済する場合の手数料はどのくらいかと言えば、以下のようになっているんです。(3万円返済する場合)

  • 三井住友銀行のATMから振り込みする場合:同一店への振り込み(432円)、本支店の振り込み(432円)
  • 現金書留で返済する場合:現金封筒(21円)+料金(590円)=611円

このように手数料や料金がかりますが、銀行振り込みの場合ではインターネットバンキングを利用することで振り込みの手数料が無料になることもあるため、やはり返済で現金書留を利用するなら銀行振り込みの方がおすすめと言えます。

関連ページ

返済期間は学生ローンの場合だと長くなっているの?
学生ローンの返済期間は特に長いという訳でもなく、最大で5年間となっていることから大手消費者金融と比較しても同じくらいの期間ですし、一般的な長さとなるでしょう。
学生ローンの返済を遅延・延滞・滞納するとどうなる?
お金を借りて学生ローン業者に返済期日まで支払ができない場合、遅延や延滞・滞納ということになり、遅延損害金が発生する上に信用情報にキズがつくことにもなるのです。