学生ローン 返済 遅延 延滞 滞納

学生ローンの返済を遅延・延滞・滞納するとどうなる?

学生ローン業者にお金を借りて、返済期日まで支払ができない場合には返済の遅延や延滞・滞納ということになり、遅延損害金が発生する上に信用情報にキズがつくこともあるのです。

 

返済期日までに入金をしない場合は、2つのリスクを背負う可能性もあるため要注意ですよ。

 

学生ローンの返済を期日までに行わない場合のリスク

 

  • 学生ローン業者に支払う罰金(遅延損害金)が発生する
  • 信用情報期間に事故情報が登録される

 

 

学生ローン業者に支払う罰金(遅延損害金)が発生する

学生ローンでお金を借りた場合には、毎月必ず約定返済日まで返済する必要があります。返済期日を過ぎても支払いをしない場合に
は、一種の罰金とも言えるのが「遅延損害金」が発生する可能性もあるのです。(参考:ゼニエモン「遅延損害金についてを解説」

 

契約の際には、返済期日までに一定の金額を支払うという約束を業者と取り交わすことになるのですが、約束の期日までに返済しないと契約違反ということになり、罰金となる遅延損害金の支払いが必要となるのです。

 

学生ローンだけでなく、多くの消費者金融では遅延損害金が20%となっていて、学生ローンの平均金利である17.0%と比較すると3%も高い数字となっています。遅延損害金は返済の延滞をしている日数分の日割り計算となりますので、「返済の延滞1回で何円?」ということではありません。

 

学生ローンの場合、返済期限に遅れそうな時に事前に業者に連絡を入れておくことで返済を待ってくれることが多いようです。ただし、待ってもらう日数分にも遅延損害金が発生することがあるため要注意です。

 

信用情報期間に登録される事故情報

業者から遅延損害金を課される事態となった場合、余計な費用が掛かるだけでなく信用も失うことになり、その後に増枠申請をする際には審査結果に影響が出てしまうかも知れません。

 

ある意味「社内ブラック」と言えますが、実際には信用情報機関にも「異動情報」として登録されてしまうため、世間一般で言われている「ブラックリストに載る」という状況となるのです。
ただし、数日間の返済の遅延で信用情報にキズがつくことはありませんが、3ヶ月間以上の滞納でブラックリスト入りすると言われています。(参考:イマゼニ「延滞とブラックは何が違う?61日〜3ヶ月以上の遅延→ブラックリスト」

 

信用情報のキズは回復までに最低5年かかる

信用情報機関に返済の延滞が登録されてしまうと、最低でも5年間はその情報が残ると言われているんです(参考:クレジットカードを知る「ブラックリストが消えるまでの期間(ブラックリストの信用回復期間)」。そのため、例え大学生であっても信用情報の取扱いは会社員と同じですので、卒業後に新車を購入する場合にも審査に落ちる可能性が高くなります。

 

もちろん、返済が完全にできない経済状況となり自己破産をした場合には、5年から7年間(10年間の場合もある)はローンが組めないことにもなりますので、学生に優しい学生ローンであるからと言って甘い考えで返済を滞納すると、将来的に困ることにもなるでしょう。

 

確実に毎月返済していく方法、それは何よりも「借り過ぎに注意する」ということに尽きますね。

関連ページ

学生ローンの返済方法でおすすめは?返済日に確実に返す方法
返済方法については、学生ローンの場合だと基本的には振り込みとなっています。また来店できる人ならば店頭返済も可能ですし、現金書留で返済可能な所もあるようです。
学生ローンの返済期間は長い?早く返せば支払う利子を少なくできる!
学生ローンの返済期間は特に長いという訳でもなく、最大で5年間となっていることから大手消費者金融と比較しても同じくらいの期間ですし、一般的な長さとなるでしょう。