学生ローンの返済方法や返済期間と返せない場合

学生ローンから無事にお金を借りれたとしても、返済が終わるまでは安心できないことでしょう。返済期間が長ければ、それだけ余裕のある返し方も可能になるため、どのくらいの期間で返したら良いのか気になるところだと思います。

 

万が一、返済の途中で学生ローン会社に返すお金が用意できなくなった時にはどうしたら良いのかという不安もあることでしょう。返済の滞納や延滞は今後のキャッシングに大きなリスクとなることもあるため、お金の借り方だけでなく、返し方についても事前に確認しておく必要があるのです。

 

学生ローンの返済で事前に確認しておきたいこと

 

  • 学生ローンの返済方法について
  • 返済期間は長く設定されている?
  • 学生ローンの返済で遅延や延滞・滞納するとどうなるの?

 

 

学生ローンの返済方法について

学生ローンの返済方法は振り込みが主であり、店頭への来店が可能であれば窓口での返済も可能です。更には一部で現金書留による返済も可能になっている金融業者もありますが、来店以外の場合には手数料の支払いも必要となるため注意が必要です。

 

同じ振り込みによる返済でも、インターネットバンキングでの利用であれば手数料を無料にすることができます。振り込みで返済する場合には、銀行の窓口やATMなどではなくインターネットを利用する方がお得になります。

 

【詳しく解説】返済方法はどうなっているの?

 

返済期間は長く設定されている?

学生ローンの返済期間はどのくらいか気になるところでしょう。実際には大手の消費者金融と同じく、最大5年となっている金融業者がほとんどです。学生ローンの返済方法には、それぞれの金融業者により毎月一定額を支払う返し方があれば、返済期間の範囲内で毎月利子だけを支払いながら元金を自由に返済できる返し方もあります。

 

利用する学生ローン会社により返済方式が違うため実際の返済期間も異なってくることになりますが、一部ではどちらの返済方式も選べる金融業者もあり、同じ会社であっても返済期間が異なる場合もあるのです。(どちらの返済方法も選べる学生ローン会社→フレンド田「返済について」

 

【詳しく解説】返済期間の長さ

 

学生ローンの返済で遅延や延滞・滞納するとどうなるの?

学生ローンの返済に遅れると、金融業者に支払う罰金とも言える20%の「遅延損害金」が発生する場合もあります。返済に遅れた日数が増えると遅延損害金も増額していくため、返済に遅れた場合には少しでも早い返済が大事になるのです。(参考:遅延損害金の計算がわかる!知らないと困る借金を返せない時の対処法

 

学生ローンの返済が遅れると遅延損害金が発生し余計なお金を支払うだけでなく、信用情報機関に事故情報として登録されてしまうというリスクもあるのです。返済の滞納があると最低でも5年間は事故情報が残るため要注意です。

 

【詳しく解説】学生ローンの返済に遅れるとどうなる?

 

 

 

返済に関すること記事一覧

学生ローンの返済方法とは?おすすめの返し方は振込学生ローンの返済方法は、基本的に振り込みが主流になっています。借りたお金の返し方には、振込以外にも店舗に来店できる人ならば店頭返済も選択できますし、返済日に確実に返済するならばおすすめです。業者によっては現金書留で返済できる場合もありますが、郵便事情により返済日までに配達されない恐れもあります。ほとんどの学生ローン業者が東京のみ(主に高田馬場)に店舗...

学生ローンの返済期間は他のサービスより長くなっているの?学生ローンの利用で重要なのは借入れだけではありません。借りたお金の返済方法についても、事前にしっかりと確認しておく必要があるのです。返済期間の長さもチェックしておきたいことの1つであり、毎月無理なく確実にお金を返して行くためのポイントとなります。学生ローンで借りたお金の返済資金は、基本的に学生さん本人がアルバイトなどで稼いだ給料となるでしょう...

学生ローンの返済を遅延・延滞・滞納するとどうなる?学生ローン業者にお金を借りて、返済期日まで支払ができない場合には返済の遅延や延滞・滞納ということになり、遅延損害金が発生する上に信用情報にキズがつくこともあるのです。返済期日までに入金をしない場合は、2つのリスクを背負う可能性もあるため要注意ですよ。学生ローンの返済を期日までに行わない場合のリスク学生ローン業者に支払う罰金(遅延損害金)が発生する信...