学生ローン 嘘 年収

申し込みでの年収の嘘は学生ローン業者にバレる?

基本的に、学生ローンに申し込みをする時に申告する年収で嘘がバレることはありません。学生ローンには在籍確認がなく、50万円以下の借入れであるため収入証明書の提出が不要となっているからです。

 

だからと言って、審査に通りやすい学生であることをアピールするために嘘の年収を申告するのは、決しておすすめできないことです。また電話での審査の際にアルバイトについての質問があった場合、嘘をついているという不安感から申告の年収の額と矛盾するようなことを言ってしまう可能性もあります。

 

嘘をつくと一度で信用を失ってしまいますし、当然ですが審査にも落ちてしまいます。また年収が少ないのに大きなお金を借りてしまうと返済も困難になってしまうので、やはり正しい金額を申告するべきですね。

学生ローンは年収を証明するための書類が不要なワケとは?

学生ローンで年収証明書類の提出が不要となっている主な理由は、利用限度額が最大でも50万円となっているからです。法律でも学生ローンに関わらずどんなキャッシングサービスを利用するにしても、収入証明書の提出が必要になるのは、次のような条件の時となります。

  • 申し込みの金額が50万円を超える場合
  • 他社借入の金額との合計が100万円を超える場合

そのため、このような条件に該当しない場合には収入証明書の提出は不要となりますし、学生側にとっても数万円のキャッシングでアルバイトの給料明細書を提出するのは面倒なことと言えるでしょう。

 

学生ローン業者では法律の観点からも学生への便宜を図る目的からも、収入証明書の提出を不要としているのです。

 

年収の嘘はバレない、それでも正しい金額の申告は必要!

学生ローンの申し込みで嘘の年収額を申告してもバレることはないと言えるのですが、ただし嘘をついていると人は不安感から思わぬ失敗をしてしまうこともありますよね。業者の方も電話での聞き取りの際に不審に思った時には、さらに嘘がバレるための質問をして来ることも予想されます。

 

嘘がバレると審査に通る可能性は限りなくゼロに近くなってしまいますので、年収証明書類の提出が不要であっても嘘をつかないことが審査に通るための最善の方法と言えるのです。

 

年収額の嘘がおすすめできないもう1つの理由

年収額の嘘はおすすめできない(正直に年収額を申告した方が良い)理由には、「嘘がバレることで審査に落ちる」ということの他にもう1つあります。

 

嘘をついて年収に見合わない金額を借入れることができたとしても、毎月の返済が困難となることは目に見えているんです。

 

例えば申し込みの際に年収が120万円であると嘘の金額を申告した場合、審査に通ることができれば総量規制のルール上では、年収の3分の1にあたる40万円までの借入れが可能になります。

 

実際には、40万円を初めて利用する学生に貸してくれる業者は現実的には無いと言えますが、それでも増額申請により増枠が可能になれば、この金額までなら借りれる可能性があるのです。

 

ですが、本当の年収額がそれよりも圧倒的に少ない場合には、毎月の返済額は年収に見合わない金額となる可能性もありますし、返済に遅れると遅延損害金も発生します。

 

また返済の延滞が続けば利息と遅延損害金とで借入元金を上回る金額になる場合もありますし、信用情報機関でもブラックリストに載るような事故情報が登録されることになるのです。一度ブラックとなってしまうと5年間は事故情報の登録が抹消されることはないため、社会人となってからのローン申し込みにも影響することになります。

 

嘘の年収を申告して審査に通ることができたとしても、むしろ「問題はお金を借りた後にやって来る」ということを認識しておくことが大切となるのです。

関連ページ

怖い所からはお金借りたくない!学生ローンなら大丈夫?
学生ローンは決して怖い金融業者ではなく、大手の消費者金融と同じように都道府県知事または財務局長の登録を受けている正規登録業者であり、安心して利用できるサービスなんです。
学生ローンの利子はどのくらい?金利(年利)って何?
学生ローンの利子は金利(年利)によって決まりますが、平均的な金利は低い方で15.0%であり、高くても17.0%が平均となっています。大手消費者金融の金利と比較すると若干ですが低めと言えるでしょう。
闇金のようなやばい取り立ては学生ローンにもある?
万が一学生ローンの返済の遅延や延滞、そして滞納をしてしまった場合であっても、闇金のような怖い取り立て遭うことはありません。学生ローン業者は危険性の高いやばい金融業者ではないからです。
他のサービスより学生ローンの審査は甘いし緩い?
学生ローン審査の難易度については、同じ消費者金融であっても大手に比べると基準が甘いし緩いと言えるんです。融資の対象が社会人でなくて学生であること、収入が少ないことから安定収入の基準も低いのがその理由となります。
免許証がなくても学生証のみで学生ローンでお金借りれる?
学生ローンでお金を借りるには、学生証が絶対に必要です。また免許証の必要性については、他の書類でも代用が可能な場合もあります。
複数社の同時申込みは学生ローンであってもNG?
複数社に同時に借入れの申し込みをするのは、例え学生に優しい学生ローンであってもNGとなり、おすすめはできません。保険をかける意味で短期間にいくつもの業者に申し込みするのは逆効果となります。
無審査で学生ローンからお金借りるのは無理?
学生ローンから無審査でお金を借りることは無理です。融資の対象が学生であっても返済能力があることが利用の条件となりますので、その人に安定収入があることを確認しないとお金を貸すことはできません。
低金利や無利息でお金借りれる学生ローンはないの?
低金利や無利息でお金を借りれる学生ローンはないです。学生を対象とするサービスで安定収入の基準が緩いため、業者もこれ以上のリスクを背負う訳にはいかないからです。
学生ローンは卒業後返済も可能?
学生ローンは在学中だけでなく卒業後返済も可能です。貸付期間が卒業後まで続いている場合ならば、卒業したからといって慌てて全額返済する必要はありませんし、卒業後も借入れが可能になる場合も多いです。