学生ローン 卒業後 返済

学生ローンは卒業後返済も可能?

学生ローンは在学中だけでなく、社会人になってからの卒業後返済も可能です。学生ローンの返済期間が卒業後まで続いている場合ならば、学生でなくなったからといって慌てて全額返済する必要はありません。

 

別の言い方をするならば、大手よりも低めの金利で借りれる学生ローンであるため、在学中から利用していた方が社会人になった時にも便利に利用できるというメリットもあるのです。

 

在学中だけでなく卒業後も利用可能な学生ローン

学生ローンは学生向けのサービスですが、多くは在学中に利用していれば卒業後でも引き続き利用できるようなシステムになっています。社会人になってからお金を借りたい理由ができた時でも、学生時代から利用していた学生ローンでキャッシングすることができます。

 

社会人になってからでも学生時代に借りたお金の卒業後返済もできますが、奨学金のような返済の猶予期間があるわけではないため、在学中であっても毎月1回以上の返済は必要となるのです。

 

学生ローンは返済だけでなく、卒業後に就職してからもお金を借りることが可能です。大手のサービスよりも若干低めの金利でキャッシングできるメリットがあるため、学生時代から継続的に利用している人も多いようです。

 

在学中に借りた学生ローンの卒業後返済はいつまで?

どの業者で借りたとしても、学生ローンの貸付期間は「5年間」となっているのが普通です。卒業後に借入元金が残っている場合には繰り上げ返済や一括返済もおすすめとなります。少しでも早く返済することで利息を節約することができるからです。

 

貸付期間とは、「借りたお金を全額返済するまでの最長期間」ということになりますが、例えば大学2年生の時に学生ローンでお金を借りた場合、最大で3年間で卒業後返済が必要となるのです。

 

学生ローンの返済では、元金の支払いは後回しで利息の支払いだけでOKという元金自由返済方式の業者と、残高スライドリボルビング方式による元金返済が毎月1回以上必要になっている業者があります。(参考:学生ローン完全比較・安心と実績の学生ローンを選びましょう「学生ローンの返済方法について」

 

リボ払いで返済する場合、借入金額が少額であれば学生の内に完済できる可能性もあるでしょう。計画的な返し方を続けていくことができれば、卒業後返済をする必要もなくなります。

 

学生ローンの借入元金を卒業後返済するメリットとデメリット

学生ローン会社には、毎月の返済額が一定となっていない業者もあります。どの会社であっても毎月1回以上の返済が必要ですが、利子の支払いをすれば済んでしまう場合もあるのです。

 

元金自由返済方式には、元金は卒業後返済で支払うことにして、在学中は利息の支払いに留めておくことができるというメリットがあります。ただし、借入元金の返済を後回しにすると卒業後に不測の事態が起きた時の対処が難しくなるというデメリットもあるのです。

 

学生ローンの返済が就職が決まらないことで難しくなることもありますし、就職できても途中で辞めることになる場合もあるでしょう。できることならば、在学中にも一定の金額を決めて元金の返済もしていくことをおすすめします。

 

リボ払いで返済をする場合には、少ない金額を毎月計画的に返済できるというメリットがあります。ただし、多くの利息を支払うことになるというデメリットもあるのです。借入元金がある程度大きい場合には、卒業後返済も必要になる場合もあるでしょう。

 

リボ払いで返済するのであれば、学生時代から余裕資金を繰り上げ返済に回すようにすることがおすすめです。完済の時期も早まりますし利息の節約にもなります。

 

学生ローンのメリットは卒業後返済が可能なだけではない!借入れも可能

学生ローンと言うと学生しか利用できないように思えるかも知れませんが、今はサービスが多様化していて学生でなくても利用可能になっているのです。多くは学生時代から利用している必要がありますが、新卒での新規契約も可能な会社もあります。(参考:即日カードローンガイド「社会人になっても学生ローンを利用できるの? 」

 

学生ローンは卒業後返済により、学生時代に返済が完了しなかった借金を卒業後も返済していくことができるというメリットがあります。更には、引き続き借入れも可能になっている業者も多いのです。学生ローンを在学中ではなく、卒業後、正社員になってから利用することを目的として、学生の内に契約しておくという人もいるようです。

 

学生ローンには、一般的な消費者金融からお金を借りる場合と比較すると、低めの金利で利用できるというメリットがありますが、社会人になっても学生ローンを利用するメリットは他にもあるのです。

 

正社員になってからも学生ローンを利用するメリット

  • 在籍確認がないため職場への電話連絡が不要
  • 収入証明書の提出が不要
  • 学生ローンなら審査甘いし基準が緩い

     

    学生ローンの契約を卒業前に済ませておけば、卒業後にあらためて審査を受ける必要がありません。社会人も新規で利用できる学生ローンの場合には、収入証明書が必要な場合も有りますが、在籍確認がないという大きなメリットもあります。

     

    学生時代から利用している場合には、借入枠の範囲内で利用できることが多いため、正社員やフリーターなど社会人になってからもスムーズに借入れができるでしょう。学生ローンは審査基準が甘い・緩いというメリットもあるため、一般的な消費者金融に借入申込するよりも審査に通りやすいと言えるでしょう。

関連ページ

怖い所からはお金借りたくない!学生ローンなら大丈夫?
学生ローンは決して怖い金融業者ではなく、大手の消費者金融と同じように都道府県知事または財務局長の登録を受けている正規登録業者であり、安心して利用できるサービスなんです。
申し込みでの年収の嘘は学生ローン業者にバレる?
基本的に、学生ローンに申し込みをする時に申告する年収で嘘がバレることはありません。学生ローンには在籍確認がなく、50万円以下の借入れであるため収入証明書の提出が不要となっているからです。
学生ローンの利子はどのくらい?金利(年利)って何?
学生ローンの利子は金利(年利)によって決まりますが、平均的な金利は低い方で15.0%であり、高くても17.0%が平均となっています。大手消費者金融の金利と比較すると若干ですが低めと言えるでしょう。
闇金のようなやばい取り立ては学生ローンにもある?
万が一学生ローンの返済の遅延や延滞、そして滞納をしてしまった場合であっても、闇金のような怖い取り立て遭うことはありません。学生ローン業者は危険性の高いやばい金融業者ではないからです。
学生ローンの審査は他のサービスよりも甘いし緩い?
学生ローン審査の難易度については、同じ消費者金融であっても大手に比べると基準が甘いし緩いと言えるんです。融資の対象が社会人でなくて学生であること、収入が少ないことから安定収入の基準も低いのがその理由となります。
免許証がなくても学生証のみで学生ローンからお金借りれる?
学生ローンでお金を借りるには、学生証が絶対に必要です。また免許証の必要性については、他の書類でも代用が可能な場合もあります。
複数社の同時申込みは学生ローンであってもNG?
複数社に同時に借入れの申し込みをするのは、例え学生に優しい学生ローンであってもNGとなり、おすすめはできません。保険をかける意味で短期間にいくつもの業者に申し込みするのは逆効果となります。
無審査で学生ローンからお金借りるのは無理?
学生ローンから無審査でお金を借りることは無理です。融資の対象が学生であっても返済能力があることが利用の条件となりますので、その人に安定収入があることを確認しないとお金を貸すことはできません。
低金利や無利息でお金借りれる学生ローンはないの?
低金利や無利息でお金を借りれる学生ローンはないです。学生を対象とするサービスで安定収入の基準が緩いため、業者もこれ以上のリスクを背負う訳にはいかないからです。