学生ローン 金利 利子 年利

学生ローンの利子はどのくらい?金利(年利)って何?

学生ローンの利子は金利(年利)によって決まりますが、平均的な金利は低い方で15.0%であり、高くても17.0%が平均となっています。大手消費者金融の金利と比較すると若干ですが低めと言えるでしょう。

 

ただし、銀行カードローンでは4.0%〜14.0%が平均であると言えるため、それよりは高い利子が必要になるのですが、学生が銀行でお金を借りるのは審査や利用条件の厳しさから難しいことが多いため、気軽に利用できる学生ローンはやはり学生さんにはおすすめとなるのです。

 

と言うことで、以下では学生ローンの利子や金利(年利)について解説していきます。

 

金利とは?学生ローンは教育ローンより利子が高いの?

金利とは、年利とも言われる1年間にお金を借りた場合に発生する手数料であり、利息計算の基本となる数値のことです。そのため金利が高ければ当然ですが支払う利子も高くなります。

 

学生ローンの金利は15.0%〜17.0%が平均となっていますから、この数値の範囲で利息計算がされるわけですが、その中でどのくらいの金利が適用されるかは場合により異なって来ます。

  • 借入れの金額の大きさ
  • 年収の高さ
  • 利用の目的

キャッシング業者ではこのようなことを基礎として審査で適用する金利を設定しています。50万円の借り入れが可能な場合には15.0%の最低金利が適用されることが多いでしょうし、年収が高ければ延滞することなく確実に返済ができるだろうという信用度の高さから、低めの金利が設定される可能性もあります。

 

また業者によっては教育ローンに対抗するかのように、学費としての利用ならば低めの金利が設定される場合もあるのです。

 

教育ローンとは学資の捻出を目的としているもので、学生本人ではなく親が契約を結ぶ性格のローンとなりますが、国や銀行などの金融機関で多くの選択肢があります。

 

一般的に教育ローンの年利は低く設定されているため、学生ローンを利用するよりもおすすめなのですが、親に迷惑を掛けずに学費の捻出をしたい時には通常よりも低めの金利で利用できる学生ローンも便利と言えるでしょう。

 

ただしその場合には学費の請求書などが必要になることもあるため、事前の準備が必要になります。

 

高めの金利は借りやすさを意味している

学生ローンの金利は銀行カードローンや教育ローンよりも高めの金利となっています。ですが、その代わりに借りやすいというメリットもあるのです。逆に言えば、業者は学生でも借りやすいローンを提供するために、貸倒れのリスクを考えて金利を高めにしているということにもなります。

 

金利と借りやすさは常に背中合わせになっていて、審査に通りやすいことや安定収入の基準が甘いというメリットのある学生ローンは、結果的に高めの金利でお金を借りる必要があるということになるんです。

 

つまり、金利が高ければ借りやすい、低ければ借り難いという一種の法則のようなものが存在しているということになります。

 

高めの金利も計画的な利用で大きな影響なし

学生ローンの金利は他のサービスよりも高めである場合もありますが、計画的な利用をすれば利息の払い過ぎなどの心配も少なくなり、特に大きな影響もないでしょう。

 

それには次のようなことが大事となります。

  • 必要な金額だけを借りる
  • 計画的な返済に加えて余裕資金があれば返済に回す

借りるのは簡単ですが、返すのは難しいと言われているのがキャッシングであり、念のために多めに借りるという利用はやめたほうがいいですよ。
また、毎月の返済額を決めておくことや、余裕の資金ができたら使う前に返済に回すということをおすすめします。

関連ページ

怖い所からはお金借りたくない!学生ローンなら大丈夫?
学生ローンは決して怖い金融業者ではなく、大手の消費者金融と同じように都道府県知事または財務局長の登録を受けている正規登録業者であり、安心して利用できるサービスなんです。
申し込みでの年収の嘘は学生ローン業者にバレる?
基本的に、学生ローンに申し込みをする時に申告する年収で嘘がバレることはありません。学生ローンには在籍確認がなく、50万円以下の借入れであるため収入証明書の提出が不要となっているからです。
闇金のようなやばい取り立ては学生ローンにもある?
万が一学生ローンの返済の遅延や延滞、そして滞納をしてしまった場合であっても、闇金のような怖い取り立て遭うことはありません。学生ローン業者は危険性の高いやばい金融業者ではないからです。
他のサービスより学生ローンの審査は甘いし緩い?
学生ローン審査の難易度については、同じ消費者金融であっても大手に比べると基準が甘いし緩いと言えるんです。融資の対象が社会人でなくて学生であること、収入が少ないことから安定収入の基準も低いのがその理由となります。
免許証がなくても学生証のみで学生ローンでお金借りれる?
学生ローンでお金を借りるには、学生証が絶対に必要です。また免許証の必要性については、他の書類でも代用が可能な場合もあります。
複数社の同時申込みは学生ローンであってもNG?
複数社に同時に借入れの申し込みをするのは、例え学生に優しい学生ローンであってもNGとなり、おすすめはできません。保険をかける意味で短期間にいくつもの業者に申し込みするのは逆効果となります。
無審査で学生ローンからお金借りるのは無理?
学生ローンから無審査でお金を借りることは無理です。融資の対象が学生であっても返済能力があることが利用の条件となりますので、その人に安定収入があることを確認しないとお金を貸すことはできません。
低金利や無利息でお金借りれる学生ローンはないの?
低金利や無利息でお金を借りれる学生ローンはないです。学生を対象とするサービスで安定収入の基準が緩いため、業者もこれ以上のリスクを背負う訳にはいかないからです。
学生ローンは卒業後返済も可能?
学生ローンは在学中だけでなく卒業後返済も可能です。貸付期間が卒業後まで続いている場合ならば、卒業したからといって慌てて全額返済する必要はありませんし、卒業後も借入れが可能になる場合も多いです。