学生ローンなるほど

学生ローンの特徴とは?


学生ローンの特徴を一口で言うならば、融資の対象を学生に限定している消費者金融のサービスということになります。また具体的な特徴を紹介するならば、銀行よりも利用の条件が緩い傾向にあり、在籍確認の実施もありませんが、その代わりに利用可能となるのは最大で50万円という少額融資になっているのです。

そのため学生ローンならではの便利なポイントがあるものの、時には不便と感じてしまうこともあるワケですが、こちらのサイトでは学生ローンを利用したいと考えている学生さんに役立つ情報を紹介していますので、辞書替わりに活用してみてください。

【おすすめコラム】学生が借金をするならどこが一番人気?


学生の方にオススメなサービスとして、大手のプロミスが挙げられます。プロミスは、学生でも満20歳以上でアルバイトなどで安定した収入があれば、普通の社会人と同じ条件でお金を借りることができます。
低金利
金利面でも、よくある学生ローン金融と比べて低金利ですし、契約手続きもパソコンやスマーフォンから申し込んで、契約完了までできるのは大きな強みです。
内緒で借りれる
WEB完結で郵送物なしだから、カードレスも対応しているので、親にばれにくい!
プロミスが大学生や専門学生などのキャッシング先として人気の理由は「個人情報の保護を徹底しているという点」です。これはつまり、知り合いや、学校、親などに借金の申込みの事実を内緒で手続きできるということです。
最短1時間融資で即日融資も可能
ネットから申し込んで最短1時間融資という素早さは、街にある学生ローン業者よりも圧倒的に便利です。即日でお金が欲しい時の選択肢として人気がある理由です。

このような理由から、学生がお金を借りるなら実は街にある学生ローン専門業者よりもメリットが多いので、まずはプロミスで審査を受けてみようという方が非常に多いのです。


◎→借り入れできるか3秒診断のプロミス公式サイトはこちら

※WEBからの申し込みでスピーディーな審査になるのがポイントです

学生ローンとは融資の対象を学生としている消費者金融


学生ローンとはその名前の通りに、利用の対象となる職業を「学生」に限定しているローンのことです。ローンと言うと住宅ローンや教育ローン、自動車ローンなどを連想する人も多いと思いますが、銀行などはこのように多くのローンの取扱いをしていて、主に社会人を融資の対象としています。

一方、学生ローンを提供している業者では基本的には学生ローン商品のみを取り扱っていて、銀行のように多くの商品は用意していません。

つまり、このようなサービスは学生ローン専業の金融業者であり、学生専用の消費者金融でもあるのです。
また、その特徴について具体的に説明するならば主に3つが挙げられます。
  • 収入についての条件が緩い傾向にある
  • 利用できる金額は最大で50万円
  • 学生ローンは即日審査・即日融資は少ない
  • 学生ローンでは在籍確認が実施されない
  • 18歳や19歳でも利用可能な学生ローンもある
これらのことは、銀行カードローンや大手の消費者金融では必ずしも該当しない学生ローンについての特徴であるため、以下でもう少し詳しく説明していくことにしましょう。

収入についての条件は銀行より緩い傾向にある
学生や社会人の区別なくキャッシングを利用するには、一定の収入を毎月継続的に得ていることが絶対条件となるのです。

安定した収入が必要と聞くと、学業を優先したい学生さんは「そんなにお金を稼げない」と心配になると思います。
それでも、実際には週に何日以上働かなければ審査に通らないという決まりはなく、毎月のアルバイト収入が多い少ないということよりも、毎月一定の金額を稼いでいるという事実の方が大切となるのです。

つまり、学生ローンとは収入の金額の多さはそれほど問題にはされず、その点についての条件は銀行や大手小h者金融よりも緩い傾向にあるキャッシングサービスであると言えます。

学生ローンで利用できる金額は最大で50万円

銀行と消費者金融の違いはキャッシング可能となる金額の大きさと言えるのです。ただし消費者金融であっても「総量規制」に抵触しない範囲(年収の3分の1を超える借入れの総額)ならば、年収によっては多くの金額を借りれる可能性もあります。

それに対して同じ消費者金融であっても学生ローンの場合では、学生のアルバイト収入はそれほど多くないということを見越して、最初から利用限度額を最大50万円としているんです。そのため、どんなに学業の合間を縫ってアルバイトでお金を稼いでも同じサービスではこの金額を超えてキャッシングすることはできません。

もっとも、この場合には150万円以上の年収を得ていることが必要となりますので、平均すると月に125,000円以上の金額を稼ぐことになり、パートならばフルタイムで働けば可能な金額と言えますが学生が勉強の合間に稼ぐことは難しいかも知れませんね。

学生ローンは即日審査・即日融資は少ない

学生ローン業者で「今日お金を借りたい」と思った時、即日で審査→即日融資が可能なのか?というと、ほとんどの学生ローン業者では即日融資はできないです。審査も2,3日かかることが多く、土日や祝日をはさむとさらに融資までの期間が長くなります。即日融資でお金を借りたい人は、学生に対応している大手のカードローンキャッシングのサービスを検討するのが一般的になっています。

即日の借入で利用したいと思う大学生や専門学生・予備校生が多く、古くから存在する高田馬場の学生ローン業者の人気は近年少しずつ少なくなってきてしまってるのが現実です。

学生ローンは基本的に在籍確認なし

通常、銀行や消費者金融のキャシング審査で必須となっている在籍確認ですが、学生ローンでは実施されていません。また在学している学校へも勿論のこと確認の電話が入る心配もないのです。

このことから、お金を借りたいけどアルバイト先に確認の電話が入ったら困るという学生さんには、やはり学生ローンの利用がおすすめとなります。ただし、在籍確認がない代わりに次のことはしっかりと審査に影響してくるので注意が必要です。
在籍確認の内容

  • 本人を確認する書類(学生証や健康保険証など)の不備
  • 提出の書類と申込みの内容が異なっている
  • 申込み確認のための本人への電話が繋がらない
学生証や健康保険証などの本人を確認する書類が用意できない、提出した書類と申込みの内容が異なっている、本人確認の電話が繋がらないなど、このようなことが原因で審査に落ちてしまうこともあるので、申込みの内容は正確に嘘がないことが基本となり、必ず本人が出られる電話番号で申込みするようにしましょう。

学生ローンには未成年(18歳・19歳)も利用可能な業者もある

学生ローンを利用できるのは基本的には20歳以上の安定収入がある学生となっていますが、中には18歳や19歳の未成年でも利用を可能としている業者もあるのです。

勿論ただ学生であるというだけでなく、アルバイトなどで一定の収入があることが条件となっていますし、何よりも親の承諾が必要になっています。
そのため、未成年の学生は親に内緒では学生ローンからキャッシングできないことを理解しておく必要があるのです。

一部では女性専用の学生ローンもある!

学生ローンは学生さんの事情に配慮してくれるローンとなっているのですが、さらに女性の学生でも利用しやすいように「学生レディースローン」を提供している業者もあるんです。

レディースローンは銀行カードローンや大手・中堅の消費者金融でも利用できるサービスもあるのですが、学生ローン会社でもこのようなサービスがあれば女子大生であっても利用しやすいですよね。

学生ローンには社会人もOKなサービスもある

ここまでは学生ローンは学生専用であることを説明してきましたが、実は学生ローン業者の中には社会人向けのローンも提供している所があります。元々は学生ローンの専業会社であったものが、融資の対象を若年層にまで広げて30代前半の年齢までを利用可能としているケースが多いようです。

利用可能となる金額については、社会人であっても学生と同じく最大で50万円となっている場合が多いですが、比較的低金利に設定されている業者もあるので、少額融資を希望するのであればこのような会社もおすすめできます。

また就職したばかりで給料がまだ安いと心配の新社会人でも、新卒採用の方を対象として融資をするキャンペーンを展開している学生ローン業者もあるようなので、このような会社を見つけて申込みしてみると良いでしょう。

ただし、即日融資に関しては学生ローンの弱点ですので、即日でお金を借りたい方の利用には適していないですね。

ということで、近頃では学生ローンとは言っても社会人向け、女性向けなどのサービスも併用している業者がありますので、自分に合った業者を選ぶことが大事となります。

初めての学生ローンで心配なことは?

学生ローンとは何かということは理解していただけたと思いますが、それでも初めての利用だと心配なこともあると思います。

キャッシングをするのが社会人ならば何でもないことでも、学生がお金を借りるとなるといろいろなことが気になってくることでしょう。

以下では初めての学生ローン利用で心配なことについて解説していきます。
学生ローンの注意点一覧

  • 学生ローンのキャッシングは親バレする?
  • 在籍確認でバイト先にバレる?
  • 審査で聞かれるお金の使い道は大事?
  • 返済の遅延でどんな困ったことが起きる?
  • 学生ローンにはヤクザみたいな人がいて危険性も高い?

学生ローンの利用で親バレする?

学生ローンでお金を借りる時に、自宅に書類が届いたりして親にバレるかも知れないと心配に感じることでしょう。ですが、結論から言うならば学生ローンの利用で親バレする心配はありません。

一般的なカードローンキャッシングでは契約書類やカードが郵送されて来ることも珍しくないため、学生ローンでも同様に郵便物が届いたり、時には電話が掛かって来たりするようなことが予想されるかも知れません。

それでも学生ローンは、学生に特化したローンであるためその辺の事情も承知しているため、親に内緒でキャッシングできるような環境を整えてくれているのです。そのため、学生専用業者から電話なし・郵送なしで利用することもができるのです。

この点では銀行などでカードローンを利用するよりも安心であり、高額のキャッシングは無理でも利用しやすいサービスであると言えます。

在籍確認でバイト先にバレる?

在籍確認でバイト先にバレるのかということについては、そもそも学生ローンの審査にはバイト先への在籍確認がないため、バレる可能性はゼロと言って良いでしょう。なぜ学生ローンには在籍確認がないかと言えば、借入限度額の上限が50万円であり、借金の踏み倒しをされる心配が少ないことが主な理由のようです。

ですが、在籍確認が必ずしも行われないかと言えばそうではなく、申込みの内容や審査で矛盾を感じた場合には、在籍を証明できる書類、例えば給与明細書などの提出を求めらえる場合もあります。そのため、在籍確認は電話以外でも実施される可能性があるということを知っておく必要もあります。

もっとも、基本的には収入証明なしで申込みが完了しますので、嘘や申込みフォームへの入力ミスがなければ給料明細書などの提出を求められることはありません。

審査で聞かれるお金の使い道は大事?

学生ローンの審査は電話で実施されるのが基本となり、その際には借入資金の使い道について質問されることになるでしょう。その時に答えるお金の使い道はとても大事であり、お金を借りる目的として望ましいのはこんなことでしょう。
  • 運転免許取得の費用
  • 卒業旅行やサークルの合宿費用
  • ギターを買いたい
  • 原付バイクやロードバイク、中古車の購入代金
  • パソコンを買いたい
このような使い道ならば審査に落ちる可能性は低いと言えます。その理由は一時的な資金を必要とするものであり、基本的にはお金に困っていないと判断できるからです。

反対に審査に落ちやすい使い道とはこのようなこととなっています。
  • オリコカードの利用代金の支払い
  • パチンコやパチスロ、競馬などのギャンブル費用
  • ワーキングホリデーや留学の費用
これらの使い道の場合には、回収不能となる恐れのある資金であると判断される可能性が高く、基本的にはギャンブルの他には投資を目的とした場合にも審査に通らない理由となることが多いです。また留学費用についても、そのまま帰国をしないという危険性もあることから、キャッシングの目的には不向きと言えるでしょう。

返済の遅延でどんな困ったことが起きる?

返済の遅延があるとこのような困ったことがおきることもあります。
  • 遅延損害金が発生することもある
  • ブラックリストに載ることもある
遅延損害金とかブラックリストなど、少し怖いイメージを感じる言葉ではありますが、実際にはどのようなことなのでしょうか。

遅延損害金の発生
約定の返済期限までに返済がない場合には、「遅延損害金」という利息とは異なるいわゆる「ぺナルティ―」とも言えるお金が発生することもあります。もちろん、元金と一緒に支払う必要のある利息とは別のお金ということになり、学生ローンでは殆どの業者で「20%」が課せられることになっているのです。

金利については学生ローンの場合には中堅の消費者金融よりも低金利になっていることが多いのですが、遅延損害金の利率についてはキャッシング利率を上回ることになるため、さらに返済を困難なものにしてしまう結果となります。

返済の遅延も繰り返すことでブラックリストに載ることも
金融機関が審査の際に信用情報を照会している個人信用情報機関では、キャッシングの申込みから返済状況までを克明に記録しています。そのため返済が返済期日まで行われたのか否かということもキッチリと記録されているのです。

「ブラックリストに載る」という言葉を聞いたことのある学生さんも多いと思いますが、実際には「信用情報に返済の遅延が記録される」ということもこの言葉には含まれているのです。ただし、1回や2回の遅延ならばそれほど心配は要りませんが、何度も返済の遅れを繰り返すことでブラックリスト入りとなってしまいます。

この状況になってしまうと返済の遅延が解消されたとしてもすぐに登録が抹消されることはなく、最低でも5年間は継続しますので、その間は住宅ローンやその他のローンの審査に通らないことが多くなるのです。

また、返済が完全にできない経済状況となった場合に行う自己破産では10年間は新たなローンが組みずらくなりますので、計画的な利用が何よりも重要となるのです。

学生ローンはヤクザみたいな人がいて危険性も高い?

貸金業法を守って融資をしている正規登録の学生ローン業者ならば、安全なサービスであるためヤクザみたいな人がいることはありませんし、危険性の高い会社でもありません。

だからと言って返済の滞納をしておきながら逃げ回っても良いということではなく、返済はきちんと行うべきですし信用情報にキズをつけないためにも必要なことと言えます。

ヤクザみたいな人がいるのは闇金ということになりますが、やばい人からお金を借りることだけはやめたほうがいいです。例えばこんな宣伝をしているのは闇金ですから、近寄らないように注意をしましょう。
  • 無収入でも借りれる
  • 無利子で借りれる
  • ブラックOK(ブラックでも借りれる)
  • 誰でも絶対借りれる
  • 激甘審査
  • 絶対に即日審査・即日融資
正規登録の金融業者ならばこのような宣伝は決してしませんし、それ以前にこのような状況にある人は絶対に借りれないと言って良いでしょう。

闇金と学生ローンの簡単な見分け方は?
闇金と正規登録業者の学生ローンを見分ける方法で最も分かりやすいのが、ホームページに「日本貸金業協会会員番号」(※外部ページ→【協会員情報】協会員検索 | 日本貸金業協会が表示されているかということです。安心してキャッシングできる正規業者ならば、業者の本社がある都道府県の知事から認可を受けた際に発行される正規貸金業者の番号を表記しています。

例えば、このような学生専用の金融業者がそれに該当し、ホームページでもハッキリとその番号を記載しているのです。学生ローンの場合には高田馬場に会社を置いているのが殆どなので、登録番号についてはそれぞれに「東京都知事」という文字の後に「第○○○○○号」と数字が記載されていてます。
  • キャンパス
  • カレッヂ
  • マルイ
  • トーエイ
  • アミーゴ
  • ベル
  • イーキャンパス
上記の学生ローンは、ホームページを持っているため登録番号の確認が可能であり、比較的有名な業者なので安心して利用できますが、それ以外の業者を利用する場合には闇金が架空の登録番号を表記していることもあるので注意しましょう。